記事一覧

「田岡一雄自伝 電撃篇」(田岡一雄 一九七一年初版 徳間書店)よりの引用

E38080vbhE38293b.jpg


その日のうちに神戸は修羅場と変貌した。

敗戦の報に茫然自失する市民とは対照的に、
これまで過酷な労働で軍部から抑圧されてきた第三国人たちは
欣喜雀躍とし、略奪、報復の火蓋をきったのである。
その日の午後七時。
徒党を組んだ三国人は国鉄深川駅構内の貨車を襲って配給物資を強奪。
これを皮切りに市内随所で襲撃略奪事件を起こし、婦女子を暴行し、わがもの顔に跳梁しはじめた。

終戦当時、国内には二百万以上の三国人がいたが、とくに兵庫に多く、
昭和一八年に一三万五千人、四八都道府県の七%強を占め、
大阪、東京につぐ三位という勢力をもっていた。

略)

三国人たちは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、
徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街をのし歩いた。
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ半殺しにし、
無銭飲食をし、白昼の路上で見境なく集団で婦女子を暴行する。
善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。
彼ら不良三国人は旧日本軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って町をのし歩いた。
腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげ、略奪、暴行をほしいままにした。
警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、 街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。 >p一九〇~十九三


昭和二〇年八月末、わたしは所用の帰途、女の悲鳴をきいた。
人通りもすくない東山病院の裏手である。白熱の太陽がキナくさい焼跡に照りつけていた。
一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。

「どないしたんや」

「おかあちゃんが、おかあちゃんが」

少女はわたしに泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。

「ここにいるんやで。ええな」

私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。
飛行服の、三国人の男たちだった。
彼らは不適な薄ら笑いで女の手足をおさえつけ、
一人がその上に乗っている。
女は狂ったように絶叫していた。

<汚ねえ・・・・>

うめくと、わたしは遮二無二彼らに突進していった。>p一九四


昭和二一年二月、神戸生田署の岡政雄巡査部長が彼らに拉致されて暴行殺害され、
同年四月、須磨署佐藤進巡査部長がやはり彼らの手によって射殺された。
そればかりではない、警察の威信を根底からくつがえす不祥事さえもちあがった。
すなわち不良三国人三百余人は兵庫警察署を襲撃し、
署長はじめ幹部署員たちを人質として電話指令交換室を占拠したのである。>p二一四

*************************************************

このような蛮行を見て、マッカーサーが
「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」
と言ったのは有名な話ですよね。


私も亡き祖母が「朝鮮はごっつい恐ろしい」と何度も言ってるのを聞きました。
(その時は、子供ながらに、そういう差別は嫌だなぁと思っていた私ですが)

こういう事を、政治家とか学校の先生も知らない人が多いんじゃないかな。

日本人は真実を知り、日本全体の名誉挽回・汚名返上すべき時です!

そうしないと先人にも、日本の未来を背負う子供達にも申し訳ないと思いませんか?!

朝鮮人と日本人の隔たりは、こういう歴史があるからです。

探せば資料がたくさん出てくるのに、こういうのを一切報道しないテレビメディアに疑問を感じます。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。