記事一覧

火病とは?

th7KSM0WUV.jpg

ファビョン『火病』とは、韓国朝鮮人特有の文化病で、
民族単位で学術的に認められた特殊な精神欠陥に起因する心身症のこと。
だが実際は単なる反応性仮面鬱病と社会不適応の合併である。
要は、韓国人が本当の韓国の姿を知った時、
韓国政府が過剰に賛美してきた 「理想の韓国」と「あまりに酷い現実」のギャップに耐えきれずに
精神が破綻するショック症状のことである。

「世界で最も優秀な民族」であるとか、「一度も他国を侵略したことのない 平和民族」、
「5000年間独立を保った誇らしい文化大国」などの大嘘を
乳幼児の頃から教育されているので、成人して多くのことを知った時に
心の支えにしていた自尊心が瓦解し、現実世界を相手に葛藤することになる。
そして現実を認めることができない場合、自我の崩壊にまで至るのである。

韓国の研究チームによれば、人格障害の割合は先進国で11~18%なのに対し、
韓国では国民の71.2%が1種類以上の人格障害を持っているとのこと。
この民族病が象徴しているのは、彼らの民族は常に異常なほどの劣等感を
偽物の優越感で覆い隠して生きているということである。

これを知ることは彼らの突飛な行動を理解するヒントになると言っていいだろう。
まあ、在日は働いたら負けニダ! だから、要求行動ばかりしてるニダ!
でも、民主党さんが政権取ったから補助も多くなり、
参政権もくれるみたいニダなんて騒いでる在日も少なくないでしょう!!


【火病の定義】

ではそもそも「火病」とは何なのか?
「火病」とは、朝鮮民族だけに見られる特殊な病気(精神病の一種)で、
"Hwapyung"という英語医学表記もある。
怒りを押さえすぎて起こる病気を指す「鬱(うつ)火病」の略語らしいが、
強いストレスを適切に解消できず、我慢することで胸が重苦しくなる症状を指すという。

最終的には、口から泡を吹く・絶叫・悶絶・顔面紅潮・嘔吐・七転八倒などの症状を起こす。
ここで注意しなければらならないのは、そもそも「火病」という病気は医学界で確かに認められているが、
それは朝鮮民族だけの病気というものである。
特定の伝染病などを除けば、このような精神病がある民族だけに限定されると言う例は、
世界でも「火病」以外存在しないのである。

火病とは、極度に怒りを抑える事によって、強いストレス性の障害を起こす疾患とされている。
症状としては、胸が重苦しくなり、不眠症や拒食症・性機能障害などを併発する事が多い。
大韓民国(韓国)では鬱火病(ウラビョン)ともいう。
鬱火病の鬱は鬱病とは関係なく、鬱血や鬱憤の鬱と同じ、「その場に溜まってゆく」といった意味である。

若者の火病の初期症状として、強い怒りと共に八つ当たりの行動を伴う、
堪えることが美徳?若者'火病'増えた](韓国語)。
アメリカ合衆国の精神科協会において、1996年に文化依存症候群の一つとして登録された。SBSニュース


【何故「火病」は朝鮮民族だけに起こるのか?】

いきなり問題の本質にはいるようだが、
この「火病が何故朝鮮民族だけに限定されるのか?」というのは私だけではなく
多くの日本人が知りたいと思うことではないだろうか?
まず、この精神病を詳しく見ると第一段階として「ストレスの蓄積」がある。
これが段階に肉体的症状に連鎖していくのだが、この第一段階にこそ「火病」の謎を解く鍵があったのだ。
過去、朝鮮は初期新羅王朝の数年を除けば、
最初から最後まで殆ど中華帝国の属国であったと言っていいだろう。
この中華帝国の「千年属国」であった時期の朝鮮の状態は、我々日本人の想像を絶するものであった。

歴史的見地に立てば明らかに朝鮮民族は、発散することが出来ないストレスを
千年以上に渡って蓄積したと言えるだろう。
これこそが実は「火病」の第一段階にあるストレスの蓄積に対応するものなのだ。
しかし、例えば中華帝国の圧政に苦しんだアジアの国は何も朝鮮だけではない。

もちろん、他の国と比べて朝鮮は、属国以下の殆ど奴隷的国家として扱われてきたので
一概に比較は出来ないのだが。
それを説明するには過去の朝鮮民族への評価を見る必要があるだろう。
中国の正史「宋書」等によれば、
朝鮮民族は
「極めて猜疑心が強く、恨み言を常に抱き、陰謀詐術を得意としている。
上国にはおもねるが下国と見なすと非礼を重ねる(事大主義)」
とある。

元々の朝鮮民族の精神的要素が、中華帝国による極端なストレスの蓄積により、病気としての変遷を辿ったのではないか?

また、韓国人の生活にもその要因がある。
唐辛子が朝鮮に持ち込まれたのは、戦国時代の日本経由など様々な説があるが、
まず今から400~500年ほど前と考えて良いだろう。
ご存じの通り唐辛子は辛味成分「カプサイシン」を有している。
最近になってこの「カプサイシン」がどのように脳に影響を及ぼしているかが解明されている。

カプサイシンの受容体のVR1が、カプサイシンの代わりに43℃以上の熱や
酸性度の上昇でも活性化されて熱さや痛みの刺激を脳に伝える働きをしていることがわかったとのである。
つまり「カプサイシン」も多量に取ると、脳に対して痛み=ストレスを伝える役目があることが分かったのである。
韓国人の唐辛子摂取量は日本人とは比較にならず、
一人当たりの摂取量もアジアではタイなどに次いで上位である。
もちろん、唐辛子だけではなく、それまでの民族としての精神的疾患など複合要因が重なることによって、
「火病」という精神病は朝鮮民族だけに限定される病気として蔓延したのである。


20081116211608.jpg

アイゴー!韓国の日常風景。 
お婆さんは、地下鉄で足を組んで座っていた少女と口論し、互いに声を高めながら争った。
少女がお婆さんに「これが」、「お前が」と言いながら汚い言葉で言い返すと、
お婆さんは感情を抑える事が出来ず少女の髪の毛を掴んで振り回し、
髪の毛を掴まれた少女は地下鉄で悲鳴を上げながら、「パパ、韓国大嫌い。韓国大嫌い」と泣き叫んで途中で再び座席に座る。
このような騷ぎが起きると周辺の乗客らは、
「大人も子供も全く同じだ」、「公共の場所で何故やれる」、「子供が間違っていても大人が我慢しなくてはいけない」
と言いながらこれらを批判 した。
誰かこの様子を撮影しているのを見た少女が、「Youtubeに載せる、Youtubeに載せる」と叫びながらこの映像は終る。


【「火病」を患う韓国人】

「火病」の症状だけ見ると、極めて攻撃的心理を誘発していると我々日本人は考える。
しかしながら、私は一面的面で判断するのではなく、「火病」の別の側面も考慮する必要があるのではないかと考える。
韓国人が「火病」を発症し、上にあるような症状を起こすのは一種の「生物的防御」ではないかと考えるのだ。

例えば、人間を含めて動物の赤ちゃんが可愛らしい姿をしている理由をご存じだろうか?
大まかに三頭身から四頭身の間で、頭が身体に比例して大きい容姿は
全ての動物の母性本能に訴えかける要素があるそうだ。
要するに、赤ちゃんは自分を守ることが出来ない代わりに
「可愛い姿」を見せることで相手の敵愾心をそらすのだという。
話が少しずれたが、韓国人達の「火病」もこの「生物的防御」の一種ではないだろうか?そういうことである。

喚き散らし、理性を失い、絶叫の果てに気絶する韓国人。
それは攻撃的心理もあるが、自分を守ろうとする防護壁として精神錯乱状態を誘発している。
重度の「火病」を患った韓国人を我々日本人が見れば、
まず攻撃をしようとは思わないだろう。
恐怖もあるが、可哀想だという気持ちも我々日本人にはわき起こるのである。
それこそが、「火病」の防御的心理の結果ではないだろうか。

また、この「火病」の症状は非常に幼児の癇癪と似ている部分がある。
これは韓国人の精神的状態が成熟していないためであるが、
重要なキーポイントとなる。
我々日本人は精神的に成熟されない韓国人を相手にするとき、
「火病」を起こす韓国人は幼児と同様の心理状態であることを念頭に置いて接するべきなのである。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。