記事一覧

済州島大虐殺事件(転載)

0808BBC1.jpg


朝鮮人に侵された日本マスゴミからは一切報じられる事のない韓国の歴史が幾つかある。

今回はその中で済州島大虐殺事件(済州島四・三事件)について載せる。


<済州島四・三事件の概要>

この事件は、1948年4月3日に現在の大韓民国南部、済州島で起こった
人民遊撃隊の武装蜂起にともなう虐殺事件の事で、多くの島民が虐殺された悲惨な話である。
朝鮮の歴史を汚すものとして日本で報じられる事はない。


<概要>

1945年9月2日に日本が連合国に降伏すると、
朝鮮半島はアメリカ軍とソビエト連邦軍によって北緯38度線で南北分割占領され、軍政が敷かれた。
この占領統治の間に、南部には親米の李承晩政権、
北部には抗日パルチザン金日成の北朝鮮労働党政権が、
それぞれ米ソの力を背景に基盤を固めつつあった。

1948年に入ると、金日成は2月に朝鮮人民軍を創設し、
続いて朝鮮民主人民共和国の成立を通告した。

当初から武力による強制統一を考えていた金は、
南部のパルチザンに蜂起するよう呼びかけていた。
対して南部は、南朝鮮労働党を抜きにして単独選挙を行うことを決断した。
これは、国土の分断を決定するものであり、選挙反対派が運動を開始したが、
済州島では南朝鮮労働党に率いられた島民が「人民遊撃隊」を組織し、4月3日に武装蜂起した。

蜂起は軍や警察、右翼青年団体などの治安部隊によって短期間で撃滅された。

残る人民遊撃隊は、ゲリラ戦で対抗するようになったため、
治安部隊は遊撃隊員の処刑・粛清を行った。これは、大韓民国成立後も韓国軍によって継続して行われた。

1950年に南北朝鮮労働党が合併し、金日成の朝鮮民主主義人民共和国が侵攻(朝鮮戦争)すると、
いよいよ朝鮮労働党党員狩りは熾烈さを極め、1957年までには8万人の島民が殺害されたとも推測される。


<日本へ移住した済州島民>

済州島の古来よりの複雑な歴史背景によって、
朝鮮本土からの迫害や差別を受けていた島民は、
新天地を求めて日本本土へ移住あるいは出稼ぎに行き、
併合初期に来た最初の20万人ほどの朝鮮出身者の大半は、済州島出身であった。
敗戦による独立によって、そのほとんどが帰国したが、
この事件で済州島民は再び日本などへ避難あるいは密入国し、そのまま在日コリアンとなった者も数多い。

(和田アキ子父が済州出身は有名。)


<タブー視されたその後>

朝鮮労働党が絡むとされる上に、犠牲者が余りにも多く、
「反共」を国是に掲げた軍事独裁国家であった韓国では、
責任の追及が公的になされておらず、また事件を語ることはタブー視されてきたため、
未だに詳細は解っていない。

21世紀になって、韓国大統領となった盧武鉉は、自国の歴史清算事業を進め、
2003年10月に行われた事件に関する島民との懇談会で初めて謝罪、
2006年同日の犠牲者慰霊祭に大統領として初めて出席し、
島民に対して正式に謝罪するとともに、事件の真相解明を宣言したが解明には到底至っていない。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。