記事一覧

日本が植民地にしたって?

img_0000.jpg

日本は、朝鮮に対して、アフリカやアジアのような現地人を奴隷化して
プランテーションを営むような植民地運営はしておりませんが、
進出(侵略と言う人もいる)して、統治(支配と言う人もいる)したのは事実です。

統治に際しては、李承晩のような惰眠を貪るクズ貴族を排し、
現地人を数多く登用してますが、
朝鮮民族から主権を取り上げたのは事実でしょう。
ただし、その頃は日本だって主権在民ではありません。
主権が国民にある国なんぞ、現代でも滅多にありませんが。
主権とは、国家の代表が持つものです。
結局、朝鮮で起こったことは、王様
(この言い方キライです。我が国の天皇陛下は王ではなく皇帝ですので)
が変わっただけのこと。

一番大事なことは、我が国にとって迫り来る列強である、中国とロシアの脅威を排する為に、
朝鮮半島を我が国の統制下におき、
きちんと国力をつけ、列強の進出(侵略)を防ごうとしたことです。
その為には、土人と以外に形容しがたい野蛮な民族を教化し、インフラを整備しました。
当時の世界の最新技術をもって。

我が国の統治がなければ、朝鮮民族は、今も文字も読めないでしょう。
まだ道路(しかも舗装されてない)には人糞が散乱し、
女性は乳丸出しで歩いているかも知れません。
仮に中国やロシアに支配されていたとしても、
彼等は辺境の土人を教化したり、インフラ整備したりはしません。
自分達の居住エリアを整備するだけです。

日本にとっての列強の脅威を排さんが為の統治であったことに間違いはありませんが、
その恩恵を最も享受したのは朝鮮民族です。
そして、もっとも損をしたのは朝鮮貴族です。
今の韓国を代表する産業の、性産業以外の全てが、日本からの技術供与か、
日本の猿真似、無断盗用により発展しています。

せっかく日本が整備したインフラや、高給取りだった追軍売春婦が稼いだ金で建てた御殿は、
帰国したクズ貴族の李承晩と、中ロに操られた、
どこの馬の骨だか分からない【自称】金日成による朝鮮戦争で、おおむね灰燼と帰しました。
売春婦の皆さんは、大金稼いで故郷に錦を飾ったのに、朝鮮戦争で焼かれてしまったのです。
これらの財産を失った元売春婦が、朝鮮戦争では遣り手ババァとなって、
若い朝鮮女性を第5種補給品として徴用したであろうことは想像に難くありません。

我々大和民族とは異なり、ほんの少し前まで、
路上脱糞し、その糞を食い、乳丸出しで生活していた民族です。
まだまだ土人の風習が生きています。
こんな連中に理を解くのは不可能だろうとは思いますが、
もう少し文明社会を意識して、捏造のウリナラファンタジーではない、
本当の歴史を学んで欲しいものです。





オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。