記事一覧

終戦後の朝鮮半島で・・・

img_1201603095632145.jpg

火事場泥棒のように
昭和二十年ハ月九日に日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連は、
満州に侵攻を開始し支那、満州、朝鮮にいた我が国国民に襲いかかりました。

「昭和二十年八月二十日頃であったろうと思う。
鞍山から新京守備のために北上したので新京の街は北も南もよく解らないが、
たしか終戦の日から数えて四、五日たっていたと思われる頃の出来事だった。・・・・

そんな日病院の玄関で大声で騒ぐ声にびっくりして、
私は板でくくりつけた足をひきずりながら玄関に出て見て驚いた。
十二、三の少女から二十ぐらいの娘が十名程タンカに乗せられて運ばれていた。
それはまともに上から見ることの出来る姿ではなかった。
その全員が裸で、まだ恥毛もそろわない
幼い子供の恥部は紫に腫れ上がって、その原形はなかった。大
腿部は血がいっぱいついている。
顔をゆがめつつ声を出しているようだが聞きとれない。
次の女性はモンペだけをはぎとられて下の部分は前者と同じだが、
下腹部を刺されて腸が切口から血と一緒にはみ出していた。
次の少女は乳房を切られて、片目を開けたままであったから死んでいるのかもしれない。
次もその次も、ほとんど同じ姿である。
・・・・・。
一週間私はこの病院にいて毎日毎日この光景を見て、
その無惨、残酷さに敗戦のみじめさを知った」
(「されど、わが満州」p172~3)

「満州や北朝鮮からの初期の脱出者は悲惨で、
今も念頭を去らないいくつかのエピソードがある。
北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、
年頃の娘二人を連れ、辛苦のすえやっと38度線近くの鉄原にたどりついた。
そこで見たものは、日本人の娘達がつぎつぎにまずソ連兵に犯され、
ついで朝鮮人の保安隊に引き渡されてさらに散々に辱められたうえ、
虐殺されている光景であった。
折角ここまで連れてはきたが、
最愛の二人の娘達もまもなく同じ運命をたどるであろうことを不悩に思い、
近くの林の中の松の木に経って自決させ、
これはその遺髪ですといって私に見せてくれた」
(「ある戦後史の序章」の中にある石田一郎の手記より西日本図書館コンサルタント協会)

朝鮮半島引揚者への性暴力とは、
先の大東亜戦争(第二次世界大戦)終了後、
朝鮮半島から日本へ引揚げて来た日本人を襲った性暴力犯罪の問題である。
中には、満州(支那)から北朝鮮経由で日本に引揚げを行った者もいる。
38度線を越える事が、生死の命運を別つ悲惨な逃避行であった。

南朝鮮でも、少なからず朝鮮人による蛮行が行われたが、
ソ連が占領統治した北朝鮮に比べると、その程度は雲泥の差があったとされる。
北朝鮮からの引揚者の8%に当たる36000人が、
38度線を超える事が出来ずに祖国に帰る事が出来なかった。
又、その時に子供を連れて帰る事が無理だとして、
朝鮮現地の人間に子供を託して帰国した日本人も多数いるが、
中国とは異なり、今日に至るまで朝鮮残留孤児の存在は確認されていない。

※虐殺されて食われてしまったから。

博多湾に引揚げて来た女性たちは、髪を短く刈り上げ、男装をしていたが、
身篭っている女性も多く、悲惨を極めた。

国内の法律で「中絶」は禁止されていたが、
二日市保養所では黙認するという形で「中絶手術」が行われた。
麻酔が不足していて、麻酔なしの手術も行われ、少なからずの死者が出たとされる。

引揚げ船で、出産を迎えたために水子にならず、
成長した混血児もいるが、多くは語られる事がない。

朝鮮半島では、今なお、引き揚げの最中に殺害された日本人の遺骨が眠っております。
先日、北朝鮮も、この事件で虐殺された日本人の遺骸が埋めらた場所への墓参を認めるとして、
日本国政府との交渉の準備があることを明らかにしました。
平壌近郊のこの埋葬所だけで、約2000柱と見積もられているそうです
(ソ連兵との共犯であったとはいえ、北朝鮮は、自らの蛮行の証拠を自ら提示した…)。
一説によれば、北朝鮮地域だけで、3万50000人ほどの日本人が虐殺されたとされており、
朝鮮半島全土では、その倍ほどに上るのではないでしょうか。
日本国内で発見された朝鮮籍の人々の遺骨は、皆、お寺に葬られており、
そのために、遺骨の数も判明したのですが、平壌の日本人墓地とされる埋葬所は、
草むらの中の盛り土に過ぎません。
残留日本人が埋めたとされていますので、誰からも弔われることもなく、
異国の地で野に朽ち果てた方々もおられることでしょう。

日本国政府は、朝鮮半島で起きたこの非人道的な大虐殺事件を再調査し、
被害者の遺骨収集等の事業を実施すべきなのではないでしょうか。
戦後、67年が経過しながら、正確な被害者数も実態も分からず、
慰霊もしないのでは、虐殺された日本人の方々は浮かばれません。
政府は、早急に、日本人犠牲者の一人一人を確認すると共に、
この事件がかき消されないよう、歴史の事実として記録に残すべきと思うのです。


従軍慰安婦とかいう

「追軍売春婦」

のヨタ話どころではないのではないでしょうか?





レンタルサーバーheteml


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。