記事一覧

韓国はミニ中国

※転載元http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-984.html

001ec949fb1b179a7f2929.jpg

前回よりの続きです。
さてモンゴル帝国に深入りしたおかげでいろんなことが見えてきました。

欧米人から見れば似たような顔をした中国人・韓国人・日本人を
一括りにして彼らは見ていますが、
日本人と中国・韓国人とは、文化、制度、イデオロギー、自然環境、飲食物、
などによって、まるで違う人間像が出来上がったのです。

すなわちモンゴルに支配された中国・韓国と
モンゴルの侵略を食い止めた日本とでは全く違う人間が出来上がりました。

中国では、内紛激化したモンゴル帝国が
1368にモンゴル高原に引き上げた後、中国人の明朝が成立します。
しかし明朝の中国は昔の唐・宋の時代の中国ではなく、
すべてモンゴル化した中国でした。
つまりモンゴル人の血を受け継いだ中国人です。

明朝の制度は、すべてがモンゴル式でした。
飲食物においても各種の肉料理や、香辛料をつかった味付けや、
蒸留酒を飲む習慣などは、モンゴル人が中国に持ち込んだものです。

それと中国・韓国人と日本人を分けた最大の要因は儒教の朱子学です。
朱子学は南宋の人朱熹が儒教の古典を新解釈して朱子学を作りだしたが、
南宋では朱子学は公認されませんでした。
ところがモンゴル人の元朝がこれを公認しました。

何故ならモンゴル帝国では、優秀な官僚を手に入れるために
科挙の試験を再開した時、朱子学を出題範囲としました。
明朝はこれをそのまま引き継いだ結果、
朱子学が中国の官僚仲間のイデオロギーとなりました。

朝鮮では1388年高麗の司令官であった李成桂が
明朝と通じてクーデターを起こし1392年新たに朝鮮王朝を建国します。
このように高麗は外敵と通じた裏切り者李成桂によって滅びていきます。

李成桂の創建した李朝は明に臣下の礼をとり、
朝鮮は再び中国の属国に成り下がり徹底的に明にへつらって
朝鮮という国名まで選んでもらっています。

李朝は明を天子の国と仰いで、
中国社会に最も害毒をもたらした儒教の朱子学に基づく
科挙の試験を取り入れます。
朝鮮民衆を500年にわたって際限ないまでに苦しめ、
残虐をほしいままにしてきた権力者ヤンパン(両班)は
科挙の及第者の家系が続いた人たちです。

李朝は千年以上にわたって尊んできた仏教を徹底的に弾圧し、
儒教の朱子学を国学として迎えいれ、
おぞましいミニ中国になっていきました。

李朝は700年前に、外国である唐の軍を引き入れて、
不意討によって高句麗と百済を滅亡させた新羅と同じパターンです。
朝鮮族はこの二つの民族的反逆行為によって
進んで中国の千年属国になった。
結果朝鮮族の民族性を歪め、
今日のような卑怯、利己主義、事大主義、をはびこらし、
虚飾と偽善と歪曲と、おごりに満ちた人間になっていったのです。


日本でも儒教の朱子学は江戸幕府の正学となっていますが、
なぜ同じ思想でありながら中韓と日本ではこうも違ったのか?

朝鮮に伝わった儒教の朱子学は中国と同じように、
国家体制を維持するための学問として継承され利用され、
李氏朝鮮の国家の統治理念として用いられた。
つまり朝鮮では権力に座った者が、
儒教の朱子学の美辞麗句を利用して暴虐の限りを尽くし、
法は権力者によって、好き勝手に用いられ、
人命も、道徳も顧みることがありませんでした。

しかし朱子学の本来の思想は「仁義礼智信」や「君臣の道」「夫婦の道」
「父子の道」「兄弟の道」「朋友の道」などの人間関係を説いた
道徳の学門のはずです。
現実の中国社会や李氏朝鮮では単に本に書いてあるだけで、
権力者に都合のいいように利用されました。
逆に江戸時代の日本では、武士階級の師弟のための藩校と、
一般庶民のための寺子屋によって儒
教を基礎にして道徳的な人間を創っていきました。

明治維新以降政府は教育を充実させ、
四民平等の維新の精神で読み書きそろばんだけでなく、
師匠に対する礼儀作法や生活上のしつけまで教えていました。
だから日本では、「嘘をつくな」「正直であれ」「思いやりをもて」
「卑怯なことをするな」「約束を守れ」「恥ずかしいことをするな」
「恩を忘れるな」などの人としてのモラルが身についていったのです。

しかし李氏朝鮮は明時代の中国の最も堕落した時代の文化をとり入れ
中国文化の病毒に感染してしまった。
幸いにも日本では菅原道真の進言によって894年に遣唐使が廃止され、
それ以降20世紀まで中国とは正式な国交が存在しなかった。

つまり日本の儒教は堕落した明の儒教ではなく、
紀元前5世紀の孔子語録である論語を中心にした思想を学ぶ事によって
人格を高めることが出来たのです。逆
に韓国民が病んでしまったのは、
このおぞましい深い泥沼のような中国文化に身を投じたからです。

李氏朝鮮は中国の利己的で、残酷凶暴な政治文化を進んで手本として、中
国という腐敗しきった悪の枢軸の属国となり、
明を崇めて「大中華」に対して「少中華」であることを国の誇りにしてしまった。

そして民衆はいつも飢餓の線上でもがき、生きるためにお互い欺き、
騙し合い、いかなる悪徳非道なことも平気になり、
人命も道徳も顧みることがありませんでした。

しかし韓国は国家レベルで500年以上続いた
このおぞましい李氏朝鮮を消し去り、
李氏朝鮮は極楽のような社会で、
誰も彼もが豊かで楽しく暮らしていた等と、
歪曲捏造の度を超えたファンタジーを教えられます。


現代、朴槿恵大統領の「日本は正しい歴史認識を持て」と
説教をして回っている「告げ口外交」を見ていますと
自国の捏造教科書を信じていることは明らかです。
韓国人が人間として立ち直るためには過
去の真実の歴史を勇気を持って明らかにする必要があります。

韓国人はどんなに聞きたくない歴史であってもその事実に目を向け、
そして立ち向かっていかなければならない、
いつまでもウソで固めた教科書を信じている姿は、愚かであり滑稽であり、
そして同時に哀れとしか言いようがありません。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。