記事一覧

明治日本と朝鮮の関係

※転載元http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-986.html

4thcentury.jpg

前回よりの続きです。

今回も朝鮮史の流れの中で、
なぜ韓国は「呪われた国」になってしまったか
を検証していきます。

1392李成桂の裏切りによって出来た李朝は
1910年まで518年間にも及びました。
その間、権力者の暴虐は凄惨を極め、民衆の苦しみは想像を絶するものでした。
李朝の500年にもわたる忌まわしい歴史が朝鮮族の精神を歪め、
俗に言われている日本人の理解を超えた「煩の民族」を作り上げたのです。

朝鮮は中国式の中央集権制をこの狭い国土で中国以上に徹底させたため、
世界に例を見ない硬直した官僚国家体制を作りあげました。
そして驚くべき事に李氏朝鮮は貨幣を持たなかった。貨
幣の無い国家は知的文明が育ちにくいと考えるのは私の偏見だろうか? 

貨幣経済(商品経済)を持たなかったという国が存在したとは、原始社会で
はあるまいし世界史に例がないのではないでしょうか。

そして1860年前後の李氏朝鮮はとっくに経済的に破産し、
軍事力もほとんどなく、政権は分裂と内紛に明け暮れ、崩壊寸前でした。

清からの朝鮮の独立と近代化を日本は願っていました。
しかし朝鮮は中華主義にこり固まっていて、
日本は自分より劣位の蛮族以外なにものでもない
との態度で日本の意見に耳をかしませんでした。
それでいて清國に対しては伝統的な臣下の礼をとりつづけ、
欧米列強がひたひたと迫っているアジアの情勢をまるで感じていません。

しかし既にロシアは南下をつづけて朝鮮国境まで領土を広げてきました。
もし朝鮮がロシアに領有されるか、列強に分割されれば、
日本の国土防衛はほとんど不可能になります。

ちなみに明治維新は1868年です。
明治日本は自衛のために朝鮮の清からの独立と近代化を願って手を貸しましたが、
朝鮮はいつまでたっても目が覚めません。
自国さえ維持できない清に朝鮮を牛耳ったままにさせ、
放置しておけば朝鮮はロシアのものになるか、
欧米諸国の草刈り場になるだけです。

そうなれば次は日本が危ない、
ロシアは南下を続けて朝鮮国境にまで領土を広げてきている。
そしてウラジオストックに拠点をおくロシアは1885年、
朝鮮から海軍基地として永興湾の提供を受けようとしていました。
この行為に日本は仰天し激怒します。

それまで李氏朝鮮は清國に臣下の礼をとりつづけ、
日本からの助言を拒否し
清國への属国状態の維持を堅持しようとしていたはずなのに、
強大なロシアが迫ってくるとヘナヘナとロシアににじり寄る姿勢をみせます。

ことここに至れば、日本は武力を持ってでもカギをこじあけ、
朝鮮を独立させ近代化の必要を悟らしめねばならない。

あの時代は、日本海の対岸と東シナ海沿岸の大部分と日本列島の北と南に広
がる主要な島々がことごとく列強の手に陥るのを見て、日本は列強の相互牽
制の隙をついて、同じ土俵で生きる以外に自衛の道はなかった。

ここにいたれば日本は朝鮮から清國の勢力を一掃し、
朝鮮を独立国にするための戦争を決意しました。
これが日清戦争です。

いいか悪いかの話ではない、
明治日本は戦いを恐れて座視すべきだったろうか?
明治日本の選んだ道以外にいったいどんな道が有ったというのでしょうか。

日本軍約24万人に対して清軍約63万人、
欧米列強の見守る中で、大国清に挑戦する日本の自衛の孤独な戦いでした。
列強は日本の敗北を予想していたが、わずか8ヶ月で大勝しました。
日清戦争に勝利した日本は下関条約を清と結び、朝鮮の独立を認めさせます。

日清戦争は世界の人々に、
日本の文明が老廃国中国よりも高く欧米から見て
アジアにはもう一つの中心があることを分からしめました。
それまでは中国よりも文明程度において低いと、欧米から侮られ、
後れた国家と見られていたのです。

それでは日本と朝鮮を比べて進歩を決定づけた大きな違いとは何なのか?
同時代の徳川300年と李朝500年を比べればその答えは自ずと見えてきます。
つまり朝鮮には西洋や日本を発展に導いた封建制度がなかった。
李朝の実情は封建制度成立以前の極めて幼稚な社会で、
自主的に近代的発展が望めるなどまったく不可能でした。

江戸時代の封建制度では上下の身分が階層的に固定されていて、
法を重んじる法治社会で、法と法との間の道徳感がよく守られ、
規律正しい社会を作っていました。
このような安定した社会が続くことによって経済活動が発展し、
絢爛たる町人文化を開花させたのです。

このように商品経済が発展した江戸時代を通じて、
近代資本主義への萌芽が準備されていったように思われます。

ところが朝鮮には何故か封建制度が育たなかった。
李朝では500年間血みどろの骨肉の争いが絶えず
そのつど、政策の継続性が断ち切られ、法を無視し、
勝ったものが権力を振るい、暴虐の限りを尽くした。

この歪みきった社会の中で民衆は搾取と収奪の対象にしかされませんでした。
このような環境のもとでは人は生きて行くことだけで精一杯で、
日本のように法と道徳に守られた公共の精神が育つはずもなかった。

骨の隋まで腐りきっていた李氏朝鮮では、
人間としての道徳や、豊かな庶民の文化が育つ素地がほとんどありませんでした。

日清戦争は中華中心思想に毒されていた東アジアに風穴をあけました。
中華中心の秩序に服属していれば安全という
昔からの惰性の中で千年間も閉じこもっていた朝鮮は
日本の圧倒的な勝利を目にして、
日本が既に一段とと他のアジア諸国より文明的にしのいでいることに衝撃をうけます。

欧米列強は、以外にも日本の勝利に喝采し、
日本に対する彼らの特権をあいついで放棄しました。
朝鮮は初めて日本によって、千年属国から解放され、独立国となったのです。

続きは次回にて




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。