記事一覧

台湾が韓国を嫌う理由

※転載元http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-998.html

hqdefault20160328987456.jpg

前回は「反日国家韓国」に対してじつに対照的な
「親日国家台湾」について比較してみました。
以前台湾の友人は
「我々は絶対にレベルの低い野蛮な中国とは一緒にならない、
たとえ皆殺しにあっても台湾人は中国人にはなりたくない」
と言っていました。

しかし中国工作員の馬英九が台湾総統でいる限り
台湾の将来は暗雲が立ち込めているように感じていましたが、
馬英九の支持率は最近10%をきったとの新聞報道を見て少し安心しました。

韓国人の本性を知るために、台湾と較べて見ましたが、
実は台湾人のほとんどが韓国を嫌っています。
台湾が韓国を嫌う理由を聞けば、韓国人のウソつきで卑劣な性格が見えてきます。

1963年朴正熙が韓国大統領に就任します。
台湾は中国から逃げてきた蒋介石が支配していました。
二人は日本陸軍士官学校の先・後輩の間柄でした。
その個人の縁で台湾は韓国に資金援助をします。
当時の韓国は日韓基本条約を結ぶまでは
一文のカネもない世界一の最貧国でした。

台湾は無一文の朴正熙の経済開発5カ年計画を資金援助で支えました。
80年代までは両国はいい関係を保っていたのです。

しかし台湾は韓国が1992年に中国と国交樹立する際に、
韓国が台湾と断行するのではないかと恐れ何回も交渉を重ねてきました。
そのたびに韓国側の答えは「国交断絶などあり得ない」というものでした。

韓国は断行を恐れる台湾の足元を見て、
国際市場では全く売れない韓国車を大量に売りつけました。
にもかかわらず韓国は卑怯にも台湾との国交を断絶した、
それだけではなく断絶したその日のうちに
韓国の台湾大使館の保有資産全て中国名義に書き換えるという、
まことに卑劣な仕打ちを平然とやってのけたのです。

韓国が1963年はじめて経済開発5カ年計画を開始したときも、
真っ先に資金援助をしたのは台湾だったのに、
その時の恩を忘れるとは・・・

この時の韓国メディアの論調は恥知らずにも
「我が国の見事な作戦により台湾にその意図を察知されずに
国交を断絶することができた。台湾を捨てて中国と友好関係を結ぶことは、
我が国に絶大なる利益をもたらす」

などという記事を誇らしげに掲載していたのです。

さすがに韓国の「不意打ち」「だまし討」のやり方に
はらわたの煮えくり返った台湾議員達が、
人の弱みにつけ込む「ゆすり・たかり」の韓国人の体質を世界に公表しました。

ほかにも韓国の台湾に対する「いじめ」はこの後もエスカレートしていきます。
アジアスポーツ大会の主催国争いにおいて、
台湾が韓国に権利を譲らなければ大会から台湾を追放すると恫喝したり、
国際会議では「台湾は国家ではないので参加させない」と
台湾の大学生を閉め出すなどの行為をおこないました。

また中国政府の支持を受けて、
国連やIMFなど台湾の国際機関への加盟に反対するなど
常に陰湿なやりかたで、台湾をいじめてきました。
台湾人が最も苦悩を抱えている時に、その弱みに乗じて恫喝するなど
人間として最低な民族です。

ところが1997年アジア通貨危機で韓国経済が破綻し、
IMFの管理下にはいると、なんと恥ずかしげもなく台湾に対して
「両国間の国家改善と友好のため」という
あまりにも自分勝手な理屈を理由に,
100億ドルもの資金援助を求めてきたのです。

このような韓国の恥知らずな手口には日本の政治家も何回も騙されています。
自民党副総裁である高村正彦氏は自身が外相を務めていた1998年に
日韓共同宣言をまとめた際、金大中大統領から
「一度謝れば韓国は二度と従軍慰安婦の事は言わない」
と説得され、それを信じた高村氏は
「痛切な反省と心からのお詫び」を明記しました。

しかし謝れば事実を認めたことになり、
その後も慰安婦問題で世界に向かって日本を攻撃しています。
日本の政治家のレベルの低さにも呆れるばかりです。
つくづく韓国とは真面目に付き合ってはいけない国だということが分かります

台湾が韓国を嫌う理由はこれ以外にまだまだあります。
台湾の新幹線は開業予定は2005年10月であったが、
韓国企業の手抜き工事が発覚したために
2006年10月に延期され、日本政府の援助金で再工事した。
また韓国企業から購入したセマウル号型の列車の故障が頻繁な上、
アフターサービスもろくに行われませんでした。
それ以降 韓国企業に対して鉄道関連の全事業の入札参加を禁止しています。

また韓国の台湾代表部所属外交官の妻である韓国人女性が
交通事故を起こした際に日本人を装ってごまかそうとした事件があった。
車が韓国の台湾代表部公用車ナンバー「外0455」であることから
ウソが発覚しています。

世界中で韓国人は悪いことをするときは日本人ですと言います。
何て卑怯で恥知らずな連中でしょうか、
『親日派の弁明』 金完燮 著 によると、
韓国人は学校や家庭で
「外国で悪い事をしたら日本人と名乗りましょう」
と教わって育つのだそうです。


ニューヨークで韓国人の売春グループが摘発されました。
米メディアの報道によれば驚くことにこのグループは
米国で人気の高い“日本人女性”を騙ってそれをエサにしていました。

韓国人に、卑劣、卑怯、恥知らず、裏切り者、
ウソつきなどの言葉を浴びせてもいっこうにこたえない、
なぜならこのような行為は一部の特殊な人でなく
韓国人の伝統に則った民族の思考パターンだからです。
つまり「ダマされる方が悪い」という考え方です。中国人も同じです。

韓国人も中国人も自分たちの思想や行動パターンが
世界で軽蔑されていることがまるで分かっていません。

アメリカも最近やっと中国や韓国の恥知らずなウソつき体質が分かってきたようです。
特にオバマ大統領の中国に対する対応が
「友好的」「戦略的パートナー」「責任ある利害保有者」などとして扱ってきた事が、
南シナ海での無法な領有権拡張、対米サイバー攻撃などの
荒っぽい行動によってやっと敵として認識出来たようです。

韓国に対しても日米韓同盟を無視して、
中国により依存を深めようとしていることにアメリカは疑惑を深めています。
中国の覇権主義を日本もASEAN諸国も警戒していますが、
韓国は中国の傘下に入ろうとしています。
もはや国際感覚を失った大馬鹿者の国家です。

続きは次回にて

(7奪の中の「命を奪った」へのウソを暴く約束が、
台湾人と韓国人を比べる記述に変わってしまったことにお詫び申し上げます)








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。