記事一覧

ウォーギルトインフォメーションプログラム とは

21345123654.jpg

戦争に対する罪の意識を日本人に植え付ける計画、
そのように洗脳する計画のことである。これは検閲とともに、アメリカ軍の占領政策の柱だった。
GHQは、日本が再びアメリカの脅威とならないよう、徹底した情報・教育面からの洗脳工作を行なった。
それは日本人自身が日本人を全否定するよう誘導し、
日本を断罪することによってアメリカの正当化を図ろうとするものだった。

アメリカがなぜ日本を戦争に追いこんだのか、
なぜ明確な国際法違反である原子爆弾を使って日本人を大虐殺したのか・・・、
などを指摘されたらアメリカは説明できない。
そこでアメリカは言論を封鎖し、日本人に自己否定するように洗脳したのである。
いまだにこのマインドコントロールから脱していない日本人がやたらと多い。
GHQは、あらゆるマスコミを検閲し、以下のような情報を映画、ラジオ、新聞、書物などで徹底的に流し続けた。

「太平洋戦争史」
昭和20年(1945)12月8~17日の間、
日本のすべての日刊新聞は「太平洋戦争史」なる捏造した歴史を毎日掲載させられた。
わざわざ開戦の12月8日を選んで全国紙に、一斉に連載を開始させたのだ。
この史観のベースとしたのはアメリカの戦時プロパガンダの歴史編集文書「平和と戦争」である。

  「平和と戦争」

この歴史の見方が今日本の歴史教科書で教えている「太平洋戦争」の根本に横たわっている。
この歴史観というのが、米英の民主主義と日独伊の全体主義、
この正義と邪悪の戦争が第二次世界大戦だったという噴飯もの。
朝日新聞をはじめとする反日マスコミはいまだにこの歴史観を叫び続けている。
また「太平洋戦争史」では、「南京大虐殺」と「マニラの虐殺」を挙げて、日本軍の悪逆非道を強調した。
これによって、それまで「皇軍」だといってきた、
あるいは「動議の戦いには負けていない」と考えていた日本人に明らかに道義がないことを刷り込もうとした。

「真相はかうだ」
「太平洋戦争史」をドラマ化したもの。これを昭和20年12月9日~昭和21年2月にかけて、
約2ヶ月間、日曜午後のゴールデンアワーにNHK第1、第2で放送され、再び続いて再放送された。
この「真相はかうだ」は「真相箱」、さらに「質問箱」と名称を変えて、
同種の番組は昭和23年8月まで約3年間続けられる。

「インフォメーション・アワー」
昭和23年1月から毎週「新しい農村」などを放送。

「宣伝映画」
日本の戦争犯罪を告発する宣伝映画が9本もつくられた。
「犯罪者は誰か」(大映)、「喜劇は終わりぬ」(松竹)、「わが青春に悔いなし」(東宝)などである。
表面は日本人が自主的に作ったように見せかけながら日本人に罪悪感を植えつけようとした。
その観客動員は延べ3000万人にも達した。

上記の内容はどれも似たり寄ったりで、次のようなことが延々と教えられた。

大本営は嘘ばっかりで日本国民は軍部に欺かれて侵略戦争に誘導された
日本は戦争中にこんな残酷なことをした
原爆投下は予告を日本の指導者が無視したから落とされた
日本を救うため、100万のアメリカ兵を救うためアメリカは原爆を落とした
広島と長崎は軍事都市だったから原爆投下の目標にされた
日本国民は過ちを反省すべきである
日本は悪い国で、好戦的で、愚かで、アメリカの平和への努力を認めないまま戦争に突っ走っていった
ポイントは何かというと、敵はアメリカではない。敵は軍人だ。
あなた方の中にいる日本人なのだ。
一部の軍国主義者と政治家が侵略戦争に国民を駆り立てたのだ、ということである。

今日、反日日本人が主張している内容とまったく同じである
(というよりこういった連中の主張はウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの意図を忠実に守っているだけの話)。
これらプロパガンダが巧妙だったのは、全部が虚偽ではなく、真実の中に虚偽を混ぜていたことである。
戦争に負けていたので体験者は真実を言うことができず、
マスコミ、政治家、役人は保身のためGHQに逆らうことはしなかった。

戦後60年経ってもまだマインドコントロールが解けずに、
「日本は侵略した」「日本が悪かった」と思い込んでいる日本人が多数いるのはご存知の通り。

この時期に読売新聞は「恥ずべき南京大悪暴行沙汰」なる記事を載せたが、
これが虚構の「南京大虐殺」の初出であった。

チェコ出身の作家ミラン・クンデラは次のように語っている。
「一国の人々を抹殺するための最初の段階は、その記憶を失わせることである。
その国民の図書、その文化、その歴史を消し去った上で、
誰かに新しい本を書かせ、新しい文化をつくらせて新しい歴史を発明することだ。
そうすれば間もなく、その国民は、国の現状についてもその過去についても忘れ始めることになるだろう」
まさしくGHQが日本に行なったのはこのことである。

日本の教科書を見ればわかるが、アメリカのプロパガンダである「太平洋戦争史」が歴史観の源になっている。
ここに歴史教育の歪みの原点がある。
こうして日本のマスコミ界や教育界、歴史学会は、
他人によって強要された物語を自分の物語として語る傾向を持つようになった。
初期の対日占領政策を拡大再生産してきたのが日教組であり、マスコミであり、知識人だった。
その延長線上に「従軍慰安婦」「三光作戦」「南京大虐殺」といったプロパガンダが出てくる。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。