記事一覧

強制連行という嘘

※転載元http://sound.jp/sodaigomi/kankoku/renkou/renkou.htm

060308.jpg

在日朝鮮人を「強制連行などで連れてこられ、

「日本社会の差別と悪意にさらされながら、民族としての誇りを保ちつつ生きる少数民族」

「差別する多数者とそれに抵抗する少数者」

ととらえる見方は、間違いであると気付くべきだと思います。

徴用拒否

徴用を拒否して日本国民義務違反で強制連行。
対等に扱っていた証拠。

強制連行は確かにありました。
これは日本側にも総督府にも資料は残っております。
資料によると計7件。

一番悪質なケースの金某氏は、16回に及ぶ徴用を拒否して、
総督府に強制連行されました。

以上からの結論。
・強制連行は犯罪者に対して行う警察用語で、任意同行と逮捕の間の処理です。
・徴用と強制連行は違います。(徴用拒否の結果、強制連行なので)
・日本への強制連行はありません(すべて総督府行き)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たった7件です。徴用を拒否して収監されたのです。
日本人でも当たり前です。徴用拒否なのです。

大東亜戦争中、日本が、朝鮮人を強制的に本土に連行したとする件。
しかしこのような事実は存在せず、在日朝鮮人らの妄言の一つである。

何しろ、わざわざ徴用せずとも、
不法な密航により続々と日本本土に朝鮮人は押し寄せたからである。


強制連行

朴慶植の著書「朝鮮人強制連行の記録」から、
朝鮮人の「強制連行」という言葉が広まったとされる。

今では、この本を一次ソースとして日本の教科書にまで掲載され、
もって日本人に贖罪意識を受け付ける材料にもされている。
しかし現実には、日本の政府や軍は強制連行はしていない。

つまり「日本による強制連行」は事実ではないデタラメであるが、強制連行そのものは嘘ではない。

実はこの本には、鎌田沢一郎著の「朝鮮新話」が部分引用され、
日本軍によって強制連行された、と説明されている。
しかしその元ソースである「朝鮮新話」には次のように書かれているのである。

もつともひどいのは労務の徴用である。
戦争が次第に苛烈になるにしたがつて、朝鮮にも志願兵制度しかれる一方、
労務徴用者の割り当てが相当厳しくなつて来た。
納得の上で応募させてゐたのでは、その予定数に仲々達しない。

そこで郡とか面(村)とかの労務係が深夜や早暁、突如男手のある家の寝込みを襲ひ、
或ひは田畑で働いてゐる最中に、トラックを廻して何げなくそれに乗せ、かくてそれらで集団を編成して、
北海道や九州の炭鉱へ送り込み、その責を果たすといふ乱暴なことをした。
但(ただ)総督がそれまで強行せよと命じたわけではないが、
上司の鼻息を窺ふ朝鮮出身の末端の官吏や公吏がやつてのけたのである。

朴慶植は、最後の「但(ただ)総督が…」以降を伏せて引用し、事実を捏造したわけである。

つまり、朝鮮人強制連行は、朝鮮人が行なったわけである。

当時の報道

戦後、1959(昭和34)年7月13日の朝日新聞の在日朝鮮人がなぜいるのかに関する記事では「大半、
自由意志で居住」「外務省、在日朝鮮人で発表、戦時徴用は245人」と報じている。

妄言者への対抗方法

「強制連行した」という在日朝鮮人には、次のような質問をすると良いとされる。

戦後60年間、本国から返還請求がない理由を述べなさい。
戦後60年間、本国に助けを求めなかった理由を述べなさい。
戦後60年間、本国が在日朝鮮人を問題視していない理由を述べなさい。
戦後60年間、自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由を述べなさい。
戦後60年間、日本人に対して返還事業を提案しなかった理由を述べなさい。
誰によって何時どこへ強制連行されたのか? 詳細を述べなさい。
下記法務省資料を見て、感想を述べなさい。
法務省編 在留外国人統計(1974年度版)

在日朝鮮人は強制連行と直接関係がない

在日朝鮮人がかつての植民地時代に日本によって強制連行された人々、
およびその子孫であるという主張は、
在日朝鮮人問題の本のなかに必ずといっていい程出て くるもので、
また何か朝鮮問題に関する集会のなかでも枕言葉のようによく出てくるものである。
九二年の従軍慰安婦問題の集会を見に行った時も、
講師の在日 朝鮮人女性が「私の父母は強制連行されてきました」と語っていた。

私は在日朝鮮人一世の二十人以上から直接に話を聞いてきた。
当然なぜ日本に来たのかということも聞かせてもらってきたのだが、すべて強制連行ではなかっ た。
直接ではなく又聞きの場合も多くあったが、これらもすべて強制連行ではなかった。
強制連行の歴史を訴える在日二世の活動家の親御さんにもお会いして
話を聞かせてもらったが、やはり強制連行ではなかった。

彼らは、男性の場合はこんな田舎では働き口がなくて生活できない、
どうせ出て行くのなら日本に行って一旗あげよう、というような動機であり、
女性の場合も 同様であるか
日本で生活基盤を築いた同胞男性のもとに結婚生活をいとなみに来た人であった。
私の聞く限りその動機は、貧しい農山村から東京や大阪といった
都会に流れてきたかつての日本人たちと大きくは違わない。
日本の植民地支配が苛酷で生活が苦しくてやむなく日本に渡って来たのは
「強制」あるいは「半強制 連行」だと主張する人もいたが、これは全くの屁理屈でしかない。

少なくとも日本の官憲によって自らの意思に反して無理に連れて来られたという人は、
私の知る一世では又聞きも含めて皆無であった。

「強制連行」とは?

歴史の本をひもとけば、
強制連行は一九三八年の「国家総動員法」に基づき翌年から実施された労務動員計画によるもので、
朝鮮では三九年の「朝鮮人労働者募 集要項」(募集方式)、四二年の「鮮人内地移住斡旋要綱」(斡旋方式)、
四四年の「国民徴用令」の朝鮮での適用(徴用方式)による人間の徴発のことであ る。

私は戦後来日した韓国人牧師から、その時は子どもだったが
自分の目の前で畑に出ている人を無理やりトラックにのせて連れて行った、という話をしてくれた。
「強制連行」という具体的事実があったことは確かである。
しかし朝鮮という植民地における日本帝国主義に人民支配は、
朝鮮戸籍や各警察の動向把握でほぼ完 璧と言ってよいものだ。
むやみやたらに、しかも氏素性の分からぬ人間を徴発することは到底できない。
在日朝鮮人問題のパンフで「畑にいる人や道行く人を
手当たり次第に連れて行ったのです」というような文章を
よく見かけるが、それは全くの眉唾と考えてよい。
リストアップされた男性が「徴用逃れ」で逃亡し、
官憲が彼を追いかけた、というのが真相のように思う。

この時代の大日本帝国は軍国主義で国家総動員体制下にあり、
日本人も植民地の人々も「徴兵」「徴用」「勤労奉仕」「挺身隊」等で
戦争のために強制的に駆り 出され、それから逃れようとするのは犯罪だった時代なのである。

朝鮮という植民地のみに、日本や他の植民地(台湾)よりも特別に厳しく人間の徴発を行なっ たということはない。
朝鮮人にだけ「強制連行」という言葉が定着しているのはどういうことなのか、疑問に感じている。

ところで強制連行されて来日した朝鮮人の数は、四四年末までに約66 万人である。
彼らは単身者で、ほとんどが四五年の敗戦の直後に朝鮮に帰国した。
しかしそれ以前に来日して日本に生活基盤をもった朝鮮人の多くは帰国しな かった。
そうでなければ、戦後に一旦帰国しても生活が苦しいなどの事情によって再来日した人、
密入国者、南朝鮮労働党で活動して韓国の特務に追われて日本 に逃げてきた人、
あるいは自国のパスポートをもって来日した人など、
いずれにしても現在の在日朝鮮人は自らの意思で来日した人達である。

戦後の在日朝鮮人は韓国にはいつでも、北朝鮮には五九年からいつでも帰国することが出来る。
アメリカやカナダなどに移住することも簡単である。
にもかかわらず日本に在住し続けているということは、
祖国を含めて世界中の国々のなかから日本を選択したと言わざるを得ない。

強制連行は過去の話であり、現在の在日朝鮮人50万人と直接に結びつく話ではないのである。

「強制連行」を訴える在日に問う

「強制連行の歴史」を訴える在日に問いたい。
あなたのアボジ(お父さん)・オモニ(お母さん)、
ハンメ(おばあさん)・ハルベ(おじいさん)がなぜ日本に 来たのか、
ちゃんと聞いたことがありますか。
チェサ(法事のこと)のときに親族が一世含めて集まると思いますが、
なぜ日本に来たのか聞いたことがあります か。
そして、なぜ戦後も日本に在住し続けてきたのか聞いたことがありますか。


「強制連行」の疑問に対する反発

強制連行について書いた私に対して、とんでもないことを書くけしからん奴だ、という声が聞こえてきた。
私の文章を読みもしないで、お前は何てことを書いた のだ、と批判する人もいた。
私は強制連行の歴史的事実を否定したのではなく、
現在の在日朝鮮人の存在が強制連行の結果ではないことを書いたのだ、
と言って もなかなか聞き入れてくれない。
読みもしないで、うわさ、又聞きで批判するという姿勢には感心しないし、悪意を感じる。

こんなことを書いて一体何になるのか、という怒る人もいた。
在日朝鮮人の運動で、私たちは強制連行されてやむなく日本に住んでいる、
その私たちに公務員就 任権や参政権がないのは不当であるという主張が見られたので、
それはおかしいよ、と私は言ったのである。
在日一世の身の上話を聞いて、強制連行されて
日本に来たと言う人は、私の知る範囲で誰一人いなかったのである。
在日の権利要求の根拠に「強制連行」をもちだすのは、私は賛成できない。

在日一世が強制連行でないと語ったといっても
本当は強制連行で来たかも知れないではないか、と批判する人もいた。
つまり私に語った身の上話にはウソがある というのである。著作家の尹学準氏は、
戦後密入国した人が講演で自分は強制連行されて来ましたと言うのを聞いて驚いた話を書いている。
こういうウソをつく 人は実際にいるようである。

また二世の活動家で、私の父母は強制連行されてきましたという人がいたが、
実際にその親御さんにお会いしてお話を聞いたが、強制連行ではなかった。
このようなウソをつく人もいる。
しかし逆のウソはどうだろうか。
強制連行されて来た人が、いや私は自分の意志で来ましたと言う場合が あるのかどうか。
自分がそれを確かめていない事例を勝手に創りあげて、私にどう思っているんだと批判するのは、
単に揚げ足を取ろうとするもので、この批判 を繰り返すことはこれもまた悪意を感じる。

日本の植民地支配がなければ在日朝鮮人は存在しない、
不当な植民地支配下にやむなく来日したというのは強制連行に価する、
在日朝鮮人は強制連行の結果だと 言ってよい、という批判もあった。

「強制」はどう考えても「威力をもって人の自由意志をおさえつけて無理にさせること」の意しかなく、
現在の在日朝鮮人が 来日した実際の理由とは全く違う。

またここまで「強制」の意味を広げてしまうのであれば、
世界史において植民地支配下にある人が帝国主義本国に行くことは
(例えばヨーロッパ諸国にはアジア・アフリカの植民地出身者が多く居住している)、
すべて「強制連行」ということになりかねない。
欧米の場合は「強制連 行」にならないが、日本の場合は「強制連行」になる、という論理になるのであろうか。

在日朝鮮人は日本渡航と在住を選択した

くりかえすが強制連行という歴史的事実というのは、
三九年以降に国家総動員体制が朝鮮にも敷かれたこと
(徴用令等)や四四年に徴兵制が朝鮮でも施行された ことなどによる人間の徴発であり、
その際に官憲による強引な徴発を受けた人もいる。

しかし、現在の日本に在住する朝鮮人のほとんどは、
このような歴史的経 過をもって来日した人たちではない。
彼らは自分や家族のことを考え、植民地支配下の社会あるいは戦後の日韓関係のなかで、
自分なりに最善であろうと思えた 日本渡航の道を選んだ人たちであり、
韓国にしろ北朝鮮にしろいつでも帰国できるのに帰国しなかった人たちなのである。

「日本に来ていろいろ苦労したけど、住めば都で日本もなかなかいい所や。
日本人でもいい人もおればエゲツない人もおった。
それはうちの国の人も同じや。」と私に語ってくれた一世は本心から言ったとしか私には思えず、
「強制された」という被害意識は全くないのである。


(追記)

拙著自費出版「『民族差別と闘う』には疑問がある」(1993・12)のなかの一節の再録。
小見出しの追加、数字の訂正など少し加筆しました。

 拉致問題に関連してかつての強 制連行を絡めて、日本も悪い、という論調が根強くあります。
しかし両者を同列に語ることは、
拉致被害者が日本に永住帰国せねばならないのと同様に、
強制連 行被害者も朝鮮に永住帰国せねばならないことになります。
つまりそんなことを言うのなら朝鮮人は朝鮮に帰れ、という人権侵害の言い方を惹起させるもので す。
事実2chなどで、そのような投稿が多くなされています。

「強制連行」は単に歴史上の関心に止めるべきもので、現在進行中の拉致問題とは関係の全くないものです。




ネットショップの開業ならカラーミーショップ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。