記事一覧

占領下の帝国議会でも問題となった朝鮮人の悪行

1946-09-03Asahi01.png

昭和21年8月17日、
つまり終戦後約1年後の衆議院で椎熊三郎議員が
朝鮮人取締りを要求する演説を行なった
(国会図書館、帝国議会会議録検索システムより)。

すなわち、

終戦当時まで日本に在住し、
日本人として生活して居つた台湾人、朝鮮人、是等が終戦と同時に、
恰も戦勝国民の如き態度をなし、其の特殊なる地位、立場を悪用して、
我が日本の秩序と法規を無視し、傍若無人の振舞を敢てなしきたつたことは、
実に我等の黙視する能はざる所であります(拍手)


と述べ、

特に朝鮮人の如きは、更に集団的に或る種の組織力を以て、
再び日本に密航潛入せんとする者が、日を逐うて其の数を増加し、
九州、山陰方面に於きましては、其の数実に数万に及ぶと聞き及んで居るのであります


と指摘し、政府の対応を質した。

続けて、

あたかも戦勝国民の如く、而も勝手に鉄道などに專用車などと云ふ貼紙を附したり、
或は他の日本人の乗客を軽蔑圧迫し、
見るに堪へざる凶暴なる振舞を以て凡ゆる悪逆行動に出でて居ると云ふ事実は、
全く驚くべきものがございます


と怒りをぶつけた。
どうやら、朝鮮人だけではなく台湾人も問題となっていたようであるが、
朝鮮人と比較して情報量が少ない。

椎熊三郎議員の質問に対する大村清一国務大臣の回答は、
上記の内容が事実である事を前提としたものであった。
この中で、終戦後一旦朝鮮半島に戻った朝鮮人が
最近になって日本に密入国してきている事(4月には500名程度だったのが急増し、
7月には8900名程度)、
第三国人(なぜか朝鮮人か台湾人かを特定していない)による闇市場での不正行為、
列車内での暴状、不正乗車などが治安を乱す要素になっている事を認めている。

更に同年9月2日の貴族院では、山田三良議員が、

今日、殊に警察が非常に無力になつて居るのを幸ひと致しまして、
朝鮮人、台湾人等はしばしば我が警察官の取締りを無視しまして、
時には警察官に暴行を加へて、何等の権力を行ひ得べからざるやうな、
状態に置いてあるやうなこともしばしば聞くのであります


と述べ、日本の警察力に対して質問している。

これには同じく大村清一国務大臣が回答しており、
その中で「終戦後の動向と致しまして、最も多数であります朝鮮人の如きは、
解放民族としての誤つた優越感を持つて居りまして、
戦時中の日本の彼等に対する圧迫に対して、
仕返しをすると云ふ位な反抗的な心持もございます」など朝鮮人の悪事を述べ、
鉄道警察の設立を明言している。

敗戦から1年。
人口比で見ればわずかな朝鮮人の暴状が、
日本人を不安に陥れていたのである。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。