記事一覧

対馬を所望していた李承晩〜韓国による対馬侵略の可能性

a982b67a20160501.png

李承晩は大韓民国の初代大統領であるが、
日本にとっては大悪党である。
李承晩はサンフランシスコ講和条約発効の前を狙って、
竹島を韓国側に含む李承晩ラインを設定(昭和27年1月18日し、
以後次々に日本の漁船を捕獲、漁民を拉致して人質外交で日本を苦しめた。
国内では反日教育を指示し、今日の日韓反目の礎を築いた人物である。


講和会議の締結にあたり、
李承晩は何と米国政府に対して対馬を韓国領に含めるよう要求した。
アメリカは当然の事ながら拒絶したが、李承晩は続けてさまざまな要求をつきつける。
その中には、
日本国内にいる70万人韓国人に連合国人と同じ地位を与える事、
というものがあった。
そもそも、講和条約後は日本における連合国人の地位というのは、
単純に一般の外国人と同じになるはずである。
それでも李承晩は反日を国是として無茶な要求を続けていたのだ。

李承晩は、日本と韓国が交戦状態にあるとの立場で、
講和会議には戦勝国として参加したいという意向を持っていたのだ。
もちろん、終戦時には韓国なる国家は存在しておらず、
戦前・戦中、朝鮮は日本の一部であって、
日本と朝鮮が戦争しいたなどという考えは成立しない。
韓国は駄々をこねて戦勝国として参加するよう要求を続けたが、
最終的には講和条約の署名国とはならなかった。

対馬は韓国領だという主張は、
単に交渉を有利にするためにふっかけただけの話ではない。
李承晩の反日思想は、
その後の60年にわたり反日教育を通して韓国国民に引き継がれている。

近年、対馬を訪れる韓国人観光客は増大しているが、
彼らは「かつて対馬は韓国領だった」という荒唐無稽な話を耳に入れて来ているのである。

また、韓国は近年海軍力を増強させているが、
艦名に李舜臣やら安重根、独島などという名称を採用している事から伺えるように、
その狙いは北朝鮮ではなく日本である。

朝鮮戦争の停戦協定から60年以上が経過し、
北朝鮮と韓国の軍事力の差は大きく開くとともに、
少し大きい文字冷戦終結後はソ連が38度線を突破して南下するという脅威もなくなった。
最近では韓国から見ると中国の方が日本よりも友好的な国となっており、
束の間の平和の中で、立ち位置を見失いつつある。
韓国人は自らが捏造した歴史に勝手に憤慨して反日を加速させており、
それが対日軍事行動に繋る可能性は多いにある。

日本が平和憲法で守られていると勘違いしている間に、
中国と韓国は日本への同時進行を計画するであろう。
中国の狙いは沖縄であり、韓国の狙いは対馬だ。
その準備として五島列島に対する工作も活発化するだろう。

そのような戦争の悲劇を避けるためにも、
憲法9条を改正し、
自衛隊がまともな軍隊として機能するような環境を整備する必要がある。
国防がなければ戦争は防げない。

2014年はスコットランドやクリミヤであったように、
国家の統合を脅かす方法としての住民投票が注目された年である。
中国も韓国も、日本の島嶼部への住民工作を続けるであろう。
その手先となるのは反日左翼の連中であり、
彼等を弱体化させる事が国益につながるのである。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。