記事一覧

そもそも、任那日本府ってあったんですか?

20150227-03.jpg

【質問】
そもそも、任那日本府ってあったんですか?
先日、韓国旅行に行ったときの現地ガイドさん(営業もあったでしょうが、
なかなかの親日家で女性の方でした)に質問したら
「任那ってどこですか?
豪族が治めていた土地の名前ではないでしょうか?
日本府のことは韓国では全く教科書に載っていません よ」
って返事でした、ナショナリズムが作り上げた架空の歴史物語なんですか?

教えてください。


【ベストアンサー】
結論から言えば、任那という地域は日本の影響下にありました。
ただ、日本府という役所が在って、日本が完全に支配していたとまでは言えるかどうか微妙です。

任那が日本の影響下にあった根拠は沢山有ります。

まず、日本は何度も朝鮮半島に軍隊を派遣していた事実。
これは『日本書紀』にも見えますし、考古資料でも高句麗好太王碑文によって明白です。
特に。『日本書紀』にきちんと書かれていることが他国の考古資料と合致するのは重要です。

次に、新羅が後に半島を統一した後に、日本より下位とされた事実。
中国で起きた事件です。遣唐使で派遣された日本使節が、新羅の使節より下位に並ぶよう指示され、
これに反論したという事件ですが、結局はこの抗議が通り、日本使節は新羅使節より上位になります。
この時の根拠として、新羅が古来より日本に貢物を送っていた事実が提示されたのですが、
このような外交の場での遣り取りから、日本が朝鮮半島に対して軍事・政治的に優位だったのは明白です。

考古学の研究成果から、古墳の形状を見ても分ります。
すでにこれは前の回答者さんが述べていますから繰り返しません。
他にも、朝鮮半島でも任那はもちろん、日本へ朝貢していた新羅・百済から日本産の翡翠が出土したり、
考古学上の発見は、ほぼその全てが朝鮮半島に影響力を有する日本の姿を浮き彫りにします。
忘れてはならないのは、考古学上の発見が『日本書紀』を裏付けている例の多い事です。
これは日韓の研究者にとっては意外な現実でしたが、現実ではあるのです。

さらに。
『日本書紀』によると、任那四県を百済に割譲した問題で、大連・大伴金村が失脚したりしています。
こういった事は基本的に嘘が書けません。大伴氏は『日本書紀』を編纂した天武朝の重臣です。
その大伴氏が、自分の先祖の不始末を隠すならまだしも、空想で書かれたりしたら確実に怒ります。
つまり。任那の四地域の“領有権”を当時の日本は有しており、これを百済に譲る事が出来たのです。


・・・かくも各種資料で確実な「任那」が教科書から消えつつあるのは、なぜかと言うと、韓国への配慮です。
既に何人もの回答者さんが述べているように、韓国的には我慢ならないのです。
古代から日本の支配下にあった事実が。
好太王碑文についても、朝鮮人学者は捏造だと主張していました。
これは中国の研究者の鑑定で本物と確定しました。
最近は任那の事を任那中の一地域名に過ぎない「金官」と呼んだり「加羅」と呼んだり「伽耶諸国」と呼ぶ、
およそ歯切れの悪い表現で誤魔化しています。
これらの諸地域を総合して「任那」と呼ぶのが史料的には正しいのに、
それを書くと政治的にあれですから、わざとボカして書いているという事です。
無論、韓国では「任那」の事など教えません。

あと。
この問題で必ず出てくるのが大陸の騎馬民族による日本征服説です。
この説は既に完全に否定されているのですが、
ロマンがあるせいで、しはしば復活してはまた消えていきます。
高句麗好太王碑文や『日本書紀』にも見えるように、半島へ攻め込んでいるのは倭国であって、逆じゃない。
これは古墳の副葬品からも分ります。
副葬品に馬具などが入るのは大和地方が先で、九州は後です。
もしも、騎馬民族が攻め込んできたなら、九州の古墳に馬具が入り、徐々に大和の古墳に波及します。
それが逆と言う事は、騎馬民族が日本を征服したという可能性が皆無に近いことを意味します。


【回答2】
有りました。
神功皇后の三韓征伐によって朝鮮半島は日本の属国となりました。
その証拠として住吉大社はその方向に向いて建っている。
彼女が矛を立てて来たからです。
また日本式の前方後円墳が大切に守られています。
日本より小規模ですが、慶州にあります。
ただ今の人たちが自国の恥として認めようとしない為に歴史教科書からも消されているのでしょうね。


【回答3】
数十年前までの日本歴史教科書には
任那日本府についての記述がありました。

しかし、韓国や朝鮮では任那日本府の存在は否定されており
韓国、朝鮮の国民の多くはその存在自体を知らないのではないでしょうか。
(あるいは知っていたとしても、認めることはないでしょう。)

日本でもその存在を否定する意見が多くなるとともに
日本の歴史教科書などにおいては、その存在については
曖昧にしていたり、記述することを避けていると言えると思います。

当時の朝鮮半島に日本と密接に関係した地域があったことは
歴史学的な検証(史料によるもの)、
および考古学的な検証(前方後円墳の存在や出土品)から
否定することはできないと考えられます。

ただ、従来の
大和朝廷が朝鮮半島に侵攻した結果として
日本政府(大和朝廷)の支配地域が朝鮮半島内に存在し
その出先機関としての「任那日本府」があった
という考えにも、少々無理があるのではないかと思います。

しかし
(宮内庁などは完全に否定し、歴史学者のなかにも否定する意見が多いかと思いますが)
天皇の祖先は、朝鮮半島から日本に渡来し、従来の支配者
(オオクニヌシノミコトのモデルであると思われます)
を滅ぼして、日本を支配するようになった
という説があります。

その説が正しいとすると
天皇の祖先(およびその部族)が日本に渡来する前に支配していた地域が
「任那」と呼ばれた地域であり
天皇の祖先が日本に渡来してからも、その影響力は残っていた。
と考えられます。

その支配していた地域、天皇にとっては自分のルーツである場所が
時代とともに影響力が低下し、他の部族に侵食されていったのを
取り戻そうとしたのが「白村江の戦い」であったと考えられます。
この戦いでの敗北によって、
朝鮮半島内での支配地域、影響力の強かった地域は
完全に消滅しました。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。