記事一覧

舛添要一湯河原は創価学会嫁の実家で政治家はトップリーダーの意味?

※転載元http://mikarin1215.com/seijika/6571/

キャプチャ20160611

今回ばかりは、世間の風向きが騒がしくなってきた
東京都知事の舛添要一(67)。

外交先でのあまりの浮世離れな豪遊が話題となり
豪遊外交とまで言われた矢先の
今回のまたしても文春から出た公用車湯河原問題。

知事自身の会見で何ら問題ない。
「政治家はトップリーダー」
の説得力の無い説明の彼を支える嫁の存在が関係あるのか?

まことしやかにウワサされる彼の嫁の経歴が
これまた素晴らしい経歴の持ち主。

デヴィ夫人が暴露した嫁は、
創価学会幹部で実家は湯河原
これらの信ぴょう性と舛添知事の今を追ってみよう。



舛添要一公用車で湯河原1年48回の理由

今回の東京都知事舛添要一氏の
かねてからあった殿様外交とまで言われた、
20人を引き連れての外交先での5000万円使用という
あまりの豪遊ぶりが話題となった矢先の
今回の追い打ち湯河原問題。


この週刊文春の27日発売の5月5日・12日
ゴールデンウィーク特大号で明らかとなった
去年の4月から11月までに
公用車を使っての湯河原に通った回数が驚きの48回。

そしてこの東京都内から通って約2時間弱の
この公用車利用での費用換算が
400万円かかっている事も問題とされている。

だが、舛添氏は会見で、何ら問題ない事をアピール。
持病である股関節を温める為に湯河原へ通った事を説明。

都内の自宅では足を伸ばし
風呂に入れない事が理由だと言い放った・・・・


舛添要一の3人目の嫁は創価学会幹部のウワサ

ああ見えて、切れるのは頭だけでなく
永田町イチの艶福家としても有名な舛添氏。

その結婚回数だけでも現在の奥様が3人目。
過去には、参議院議員の片山さつきとも結婚歴がある。

では少し現在の奥様のご紹介を。

舛添雅美(ますぞえ まさみ)
1964年1月6日生まれ。
神奈川県湯河原町生まれ。
聖心女子大学文学部卒業。
89年美術館学芸員として勤務しながら
当時、東大助教授だった舛添要一氏の私設秘書を務める。
1996年結婚。
2000年長女 果連   
2003年長男 龍之介

で、この奥様趣味は乗馬に読書とある。
過去の経歴の聖心女子大学卒業から考えても
結構なお嬢様な事は間違いないだろう。


この奥様そして何を隠そう創価学会の幹部だとウワサだ。
これは2014年1月12日、東京上野駅前で行った
「頑張れ日本!全国行動委員会・大演説会」で
あのデヴィ夫人が暴露しちゃってます。

「舛添さんの奥さまは、
大きな宗教団体の幹部だということですけど、
これもまずいと思いますよ。」


これにはかなり信憑性の強い話も、
舛添氏が2014年の都知事選に立った時、
同時に立候補した細川・小泉氏の選挙演説はお祭り騒ぎの人の集まりよう。

対する舛添氏は行く場所行く場所が閑古鳥だったと
笑い者にされてました。
その様子はユーチューブでも流され話題となっていたようです。

ところが、蓋を空けたら舛添氏のトップ当選の圧勝。
これにはかなり、回りも騒然不正選挙を疑い
状況証拠もいくつも出来てたといいます。

創価学会員の約100万人に無理やり舛添氏に投票させた。
妻が創価学会の幹部ならば十分あり得る話でしょう。

そして真意の程はと思ったところで
創価学会員の方が
ネット上で選挙の際に偽の票を書いたという告白をしたのです。


これがまったくのガセだとは思えない事は
火をみるよりも明らかでしょう。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。