FC2ブログ

記事一覧

常識と思っている世界四大文明というウソ

595x311x02783ded691723b4495011bd.jpg


学校の歴史の授業で習う事があります。僕も習いました。
今でもそう教えているんじゃ無いかな?
それどころか、テストにさえ出てくるんじゃ無いかな?
「世界4大文明」ってやつです。

「4大文明」の内容自体の説明は要らないと思うのですが、一応…
「エジプト文明」「メソポタミア文明」「インダス文明」「黄河文明」
この4つですね。テストにも出たでしょ?テストに出るから覚える。
僕なんて他がカタカナなんで、音で覚えましたが、
黄河だけ漢字だったお陰で「黄川文明」とか書いちゃって×もらっちゃいましたよw

で、これ、常識ですよね。だれでも知ってます。
ホント?


でもこれ、あくまで特定アジア圏だけの常識。
世界的には非常識です。
考古学的に否定されたとかそう言う話じゃあ無い。
そもそも4大文明って物自体が考古学とか歴史から出た話じゃ無い。
これ、中国の政治から出てきた言葉です。
なーんて、僕も最近知ったんですけどねw
もし「嘘だー」って思われるならWikiででも見てみますか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E6%96%87%E6%98%8E
Wikiにもありますね。
「人類の文明史の歴史観のひとつ」
「歴史上、4つの大文明が最初に起こり、以降の文明はこの流れをくむとする仮説。」
しかも
「この考え方はアジアでは広まったものの、欧米では受け入れられなかった」
「四大文明という概念自体が知識に乏しかった過去のものといえる。」
そうなんです。

中国と書きましたが、正確には清の時代の話です。
今の韓国の人が、「わが国は世界13大強国の1国だ」とか
訳の判らない事言うでしょ?あれと似たような物です。
勿論、エジプト、中東、インド、支那に文明が無かったとは言いません。
でも他にも文明があった訳です。アステカにしてもインカにしてもね。
そして、この4つがとりわけ偉大だったとかそういう訳でも無い。


インドの文明だって、インダスを上げるならヒンズーはどうなんだ?って話もあります。
支那にも黄河文明より全然古い時代に長江文明なんてのもある。
先ほど最近知ったと書きましたが、
実際には前々からなんとなく「なんで4大なんだ?
年号的に俺が勘違いして覚えてるのかな?」と思ってたんですが、
4大文明の出所をを知ったのが最近って話です。

先ほども書きましたが、これって清の政治家が唱えた、ただの「説」でしか無いんです。
歴史家じゃ無いですよ。
考古学者でもない。

政治家の説なんです。

それもなんら学術的な何かがあった訳じゃ無い。

先ほどの韓国の世界13大って方が、まだ証拠もあるしマトモな位です。
(ただ、13って所で線を引くのもいかがな物か?って気もします。
これたまに14になった15になったり最近は下手すると20まで行ったりします。
ようするに韓国がいる所で線を引くのでそうなるだけです)
それと同じで、清に都合の良い点だけを、「これぞ文明の証」と挙げただけ。
どういう事か?というと、1900年頃にこの説は出来ました、

もう清の末期ですね。


皆さんご存知の1839年からのアヘン戦争に始まり、ほかにも色々と動乱がありまして、
色々な西洋列強の国々に彼方此方を植民地化されちゃいます。
で、元々日本と清は昔から色々あった訳ですよ。戦国時代からね。
でも清がそんな感じでバンバン植民地化されちゃって、
ほかのアジアの国々も植民地化されちゃって、日本も危ないって事で、維新があった訳っすね。


ところがそんな状態な上に、腐敗してたりして
当時属国化されてた朝鮮でゴタゴタがあったりして、
結果的に日本と清が戦争になったのが日清戦争。明治27年(1894)です。
これに清が負けて、朝鮮半島が独立。日本に賠償金と遼東半島を割譲せよって事になる。
まぁ日本周辺の話はこの後、三国干渉って言って仏独露が文句を言ってきて、
遼東半島は手放したり、そのあとちゃっかりその3国が攻め込んだり、
せっかく独立させた朝鮮がダメダメだったり、ロシアがそこに攻め込んだりして、
日露戦争へとなだれ込んでゆくんだけどね。
まぁ、そんな時代。

とにかく清はそんな感じでガタガタ。


で清に限らず、中華の歴史で言えば、
王朝が変わるとそれまでの朝廷一族と仕えていたもの、
少しでも新しい朝廷に不満を表したり、
以前の朝廷に親しい事を言ったりすると、即刻ぶっ殺されてた訳。
一族郎党全部処刑です。
おっそろしいですねぇ。
もう大昔からそういう国なんです。
これ別に大昔だけの話じゃ無いですよ?戦後だってそうなんだから。
で、そんな王朝の末期に政治に関わってるような人間は、
国内なんかに残ってたら命の危険があった訳です。

で、亡命する。何処に?我が国ですよ。

当時、明治維新で世界中の知識をドンドン取り入れて行った日本には、
清から多くの留学生が居たんです。
この頃に日本で近代的な知識(法律・行政・経済・科学…etc…
とにかくほとんどの学問ですね)を学んだ清の人たちが、その後帰国して、
今の中国の学術体系を教えて行ったんです。

だから、中国の近代的な言葉(というか漢字)はほとんど日本製なんですよ。
大体「中華人民共和国」の「中華」以外は和製漢字ですからねぇ。
と言うのも、日本人は外国で学んでもそれに日本語に翻訳して教えた訳です。
無かった漢字や言葉もその時作った。
Oxygen(もしくはOxygenium)と外国や外国人から習っても、
オキシゲンとは教えずに「酸素」という言葉を意訳で作って広めた。
そりゃ中国人から見れば、オキシゲンは音で覚えなければ行けませんが、
酸素と言われたら酸化の素と覚えれる。
つまり文字に意味がある漢字の方が理解しやすかった訳です。
そんな感じで、多くの中国人が日本に居ました。
だから亡命して来るには都合が良かった。
その亡命してきた人の中に政(まつりごと)を行う梁啓超(りょうけいちょう)って人が居ました。
で、この人が、西洋列強に食いつぶされている祖国を憂いて、
日本に居る清の人々を束ねる為にこう言う事を言い出した訳です。

「私達の祖国には、欧米の国々に匹敵する誇るべき歴史がある」
基本的に、この頃は、「欧米の列強に敵うわけない」ってのが常識でした。
実際日本だって、散々不平等条約を結ばされて、
植民地にはなってませんでしたが、散々甘い汁を吸われてた訳です。

実際「半神」とまで言われていたわけ。
で、日本とかは「こなくそ!」って思って踏ん張ってた。
それを見て梁啓超も「そうだ!」って思って、日本にいる清の人達を束る為に立ち上がった訳です。

で、悲しいかな、「連中と同じなんだぞ」って話になる訳です。

結局歴史を語る上で、あちらの人が大好きな「起源」の話になる。
この辺もどこかでよく知ってる話でしょ?寿司の起源がどーとか、
マンガの起源がどーとか…、それと一緒です。
で、その人が書いた本。「二十世紀太平洋歌」って本に書いた、
「地球上の古文明の祖国に四つがあり、中国・インド・エジプト・小アジアである」
ってのが、その後の「世界4大文明説」です。


その後色々と改変が取り入れられて出来たわけです。
なーんか、バカバカしく思えて来ませんか?


いえいえ、列強に対して「こんちくしょう!」って思って、
立ち上がったのは凄い事だと思いますし、尊敬してますよ。

そうじゃなくて、こう言う事で出て来た「世界4大文明」を、
さも世界の常識…というか「知識」として一生懸命勉強してきた私達の話です。

正直言ってしまえば、どこぞの国で嘘の歴史を教えてる事と同じじゃ無いですか。
なんでこんな事を、一生懸命先生はさも「真の知識」と言わんばかりに教えているのでしょうか?

実際、今教えてる先生に文句を言っても仕方ありません。
かれらも子供の頃にそう教え込まれたからです。
ようするに、誰かが嘘を教えて、それがいつの間にか常識なっちゃった。
嘘が嘘とわからなくなっちゃった。あまりにも「常識」すぎて、だれも疑問を持たなくなっちゃった。
そういう事です。


とはいえ、一応この辺りの情況も。
まず、日本でいま教えている世界史ってのは、基本的には外国で体系づけられた訳です。
まぁ世界史ですから当然といえば当然。

もっと正確に言えば西洋の人が体系つけた訳。
で、西洋の人が東洋の歴史まで体系つけた訳。所がそんな大昔の歴史家なんてのは、
勿論西洋の歴史には深い知識がありますが、東洋の歴史なんてのは適当もいい所。

無茶苦茶な訳ですよ。
そもそも、劣った人間(下手すると人間以下に思ってましたからね)がやる事ですから、
たいした事あるわけないと思ってるんですね。
だから東洋の歴史に関しては、結構メチャクチャだった訳です。


そもそも、中国は先ほども書きましたが、王朝が変わると全部捨てちゃいます。
歴史も文化も。歴史書も燃やしちゃいますし、前王朝の風習をするような人は全部殺しちゃいます。
だから正確な資料が乏しい。だから何とでも言えちゃうんですね。

まぁ、その辺り日本人ってのは、記録好きで
えらい古い文献まで結構ちゃんと残してたりしてますけどね。
だから、日本では日本史と世界史が別れてたりします。
別れちゃってるから戦国時代に清と戦争してたとかって辺りはウヤムヤだったりします。


でも、戦前はそれでもわりとマトモな教育がされてました。
つまり「4大文明」なんてのは昔は無かったんです。
そりゃそうです、亡命してきた良くわからない
中国の政治家が叫んでいた言葉をそのまま信じる方がどうかしてます。

で戦後、大体昭和40年頃に、衛星文明説ってのが出てきます。
つまり起源になる文明が起きて、
それから派生した文明が広がって行くって話し。
まぁこれ自体の概念は理解できる。


でイギリスの歴史家トインビーって人がこれを唱えたんですが、
日本は支那の文明の衛星文明で、大化の改新で
漢字やら冠位といった国のシステムを取り入れて初めて文明国になったと決めた訳です。
(発見じゃ無いですよ、決めたのね)
まぁこの人も調べてみると相当きな臭い人なんですけどね。
(そんな昔の人じゃありません。1975年まで生きてました。)
実際には、大化の改新以前から、日本には国体ありましたし、
そもそも彼方此方で出土している土器とかあるでしょ?


「土器なんて原始人の物でしょ?」と思う無かれ、
農耕をやって社会分業制を行ってた訳です。まぁその話はまたいずれw

とにかく、中国には記録がメチャクチャなのは先ほど書いた通り。
ところが日本には記録があって、そう言った出土品もある。
物によっちゃ1万6500年前の土器なんて物もある。
こりゃ世界史やら考古学史がひっくり返るよ?


実際、トインビーも晩年、「日本文明は独立した一文明である」と自説を訂正してます。
でも、黙殺されちゃうんだな。何の事無く日本人に。
だって、文明の源泉はあくまで「4大文明」なんだもん。
そういう事にしたいんだもん。
そして、全ての文化は中国から日本に導入された。って事にしたい訳ですよ。
だれが?
それが「世界4大文明」を教科書に載せて、
戦後生まれの子供達に教えた先生、もしくはその先生を教えた先生です。
大体どういう話か理解できました?


「世界4大文明」が出来たのは1900年
そしてそれが学校で教えられるようになったのは昭和40年以降です。
さてさて、全部が全部嘘って訳じゃ無いですよ。
勿論、漢字は大陸から来ました。でもどうやって来たのか?
そもそも漢字って何なのか。
「伝来した」って一言で済んでますが、どうやって来たのか。
「かな」はどうやって生まれたのか、その前はどうしていたのか、
漢文と仮名まじり文の間には何があったのか…
なんで、今の中国語の文字は読めない漢字なのか。
なんで、中国の漢字と台湾の漢字と日本の文字は違うのか?
そんな事は学校では教えてくれません。
「漢字」ひとつとってもこの通りです。
ほかにも沢山沢山、
学校で教わったけど?な事。
学校で教わっていない事。
知っているべきなのに知らない事。
沢山沢山あります。
まぁ人生長いですから、ゆっくり勉強しましょうよ。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

仮想通貨取引始めました

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
ブログの内容に誤りやヘイトな部分があればお知らせ下さい。認識次第削除します。