FC2ブログ

記事一覧

いつくしみ深き友なるイエスは・・・

o0520038012560147182.jpg


ナザレのイエスがいわゆる白人種であったとは到底思えませんが、
近世におけるキリスト教は「白人の為」の宗教であったことに違いはないと思います。

「神は自らに似せたもうてヒト(白人)をお造りあそばされた」そうですから、
当時黄色人種や黒人はヒトとしては認められていませんでした。

当初徹底的に弾圧されていたキリスト教は、
民を統治する為の有効な手段であると気づいたローマにより、
いきなり国教とされ、宗教として大繁栄することになりますが、
魔女裁判や十字軍、果ては異教徒との戦争やらで、
人類における中世の暗黒時代の原因ともなりました。

栄えたのはキリスト教をバックにした支配者や資本家ばかり。

大航海時代にいたっては、未開国を植民地化する為の、
最も効率の良い手段である「改宗」を武器に、
現地の文化や文明を徹底的に破壊、貴重な人類遺産を失うことにもなりました。
(イスラム教も似たようなもんで今でもやってますが)

散々に世界中を席捲し植民地を作りまくった挙句に、
台頭し始める共産主義(反宗教主義)、
そしてアジアの植民地を白人から解放しようとする地球の異端児日本を敵とし、
まずは日本を征伐した訳ですが、
日本の敗戦と同時に極東とアジアで共産主義化が激しくなり、
朝鮮戦争、ベトナム戦争へと突き進みました。

今では、クジラを油目的だけで捕殺していたことや、
各国の文明を破壊し現地人を虐殺したことは全て忘れたかのように、
「人類平和」を説いていらっしゃる訳ですが、
流石は元虐殺者のセリフには重みがありますね。

反省して二度と虐殺はしないと本気で誓うのなら、
それはそれで良いのかも知れませんが、
いつも「正義は我にあり」の姿勢であることが鼻につきます。

結局のところユダヤ教・キリスト教・イスラム教の神は、
同じ「アブラハム・イサク・ヤコブの神」であり、
これら三宗教は兄弟みたいなものですが、
実に壮大な兄弟喧嘩を、実に長きに渡って続けているものだと感心します。

鍛冶屋の息子さん、「こんなはずじゃなかった・・・」と嘆いておられるのでは?






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

仮想通貨取引始めました

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
ブログの内容に誤りやヘイトな部分があればお知らせ下さい。認識次第削除します。