記事一覧

在日の通名は犯罪の温床

※転載元http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1047.html

hqdefault000024.jpg


在日朝鮮人・韓国人の通名は犯罪の温床になっています。
通名の制度は、明らかに在日特権です。
外国人の場合、届けるだけで通名を変えられます。

2013年11月、韓国籍の男が6つの通名を使用して、携帯電話など約160台を契約し、
契約後に転売。
料金などの月々の支払いを免れていました。

東京23区内で、一人が最高32回の通名変更を行っていた事があるとして、
頻繁な通名変更は別人に成りすます事が可能として、
通名制度を犯罪と不信の温床であるといっています。(荒川区議・小坂英二)

通名を複数使い、複数の市町村から重複して生活保護の受給を受けている在日が多くいます。
公務員にとって、このような不正で税金が使われようと痛くも痒くもありません。
県や市の職員は国籍がなくても地方公務員になれます。

このような在日職員が在日の都合のいいように工作しています。
特に大阪や神戸では、在日職員を多く採用しています。

また複数の通名で作成した金融機関の口座が架空口座の存在を助長して
脱税やマネー・ロンダリングを容易にしています。
トンデモナイことに通名を変更するとき過去の犯罪歴が書類上引き継がれないシステムになっています。

通名報道というのがあります。在日の犯罪なのにあたかも日本人の犯罪のように、
マスコミは日本人名(通名)で報じています。

朴 一(大阪市立大学大学院経済学研究科教授)は
2005年4月10日に放送されたTBSの番組にて、
「在日コリアンの犯罪者は通名で報道するべき」と偽名報道を要求しています。

在日韓国人である朴一は、ラジオを中心にテレビ番組にも多数出演して
韓国人や韓国の利益を最優先に考え、
日本にとってマイナスになるような世論誘導を目的に言論活動をしています。

日本国内での「在日コリアン」や韓国・朝鮮人の圧倒的に犯罪が多いのは、
私が何回も解説してきたように、
朝鮮族を人間扱いしてこなかった地獄の李氏朝鮮が500年間も続いたからです。
朝鮮人は生きていくためには道徳も正義もなくし精神を歪めてしまった。
その血流が朝鮮人の中に今も脈々とながれています。

日本には、大阪だけでも在日コリアン(韓国人)の教師が100名弱います。
大阪の外国籍教員100人超える 韓国籍者が90%以上を占めるという恐ろしい教育の実態があります。

在日特権はこの在日朝鮮・韓国人、帰化人が政治家になったり
地方公務員になったりして守られています。

また朝日を中心にした新聞社やテレビ局で課長、部長と昇進した在日社員は
帰化した在日二世を理不尽なまで優遇する逆差別人事を徹底、
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、番組制作の第一線から退けられています。
彼らは通名を使っているために外部からは何も見えません。

在日が脱税・強姦などの犯罪を行っても帰化人に支配されているマスコミは報道せず、
見逃されたり、犯人を日本名(通名)で報道しています。

在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など決定的なポストを占め、
わからないように反日報道をしています。

たとえば最近テレ朝の報道ステーションで「中東のどこに日本人学校があるか、
日本企業がどの地域にあるかを、一覧表にしたパネルを提示しながら詳しく解説していましたが、
なぜわざわざテロリストに場所を教える必要があるのですか、
テロリストに情報を提供して安倍政権に打撃を与える魂胆が見え見えです。

また「報道ステーション」でテロリストの「イスラム国」による日本人人質事件をめぐり
放送内容が事実と異なるとして、外務省がテレビ朝日に抗議、訂正を申し入れたと発表しました。
外務省によると2月2日放送の番組で、
安倍首相の1月の中東訪問について
「外務省は官邸に訪問自体を見直すよう進言していた」と報じられたが、
「事実と全く異なる」と抗議しています。

また安倍首相がイスラム国対策支援を表明した中東政策演説は
「官邸が主導して作成された」と報じられた点についても事実に反すると指摘しています。

つまりテレ朝は日本人人質事件を、安倍首相のせいでテロリストを怒らした結果
日本人をターゲットにされたということを遠回しに視聴者に印象づけたのです。

さて今まで複数の通名を名乗って生活することには、法律的な規制がありませんでした。
在日の通名は、居住する区や市町村に登録することで住民票に記載され、
法的効力を持ち、また登記などの公的手続きに使用することが認められ、
契約書などの法的文書にも使用できましたが、
しかしついに27年7月8日から「新在留管理制度」が施行されます。

在日に本名でない通名の使用を認める法は2009年7月以前には存在していなかった。
通名使用の根拠となったのは
法務省入国管理局長通知の「外国人登録事務取扱要項」が根拠になっていました。

同通知は外国人の社会生活上の利便性を考慮して、外国人登録原票の記入に際し、
本名に加え通名を併記することを認めていました。
そしてこの原票を基に、2012年6月までは通名併記の外国人登録証明書が発行されていました。

つまり通名使用を条文で認めた法律は存在しておらず、
行政が運用上認めていたにすぎなかったのです。

しかしついに27年7月8日から「新在留管理制度」が施行されます。

その結果最近、徐々に報道でも犯罪者の名前が通名で報道されなくなってきました。
それは、2012年7月以降、法務省と市区町村が別々に行っていた外国人管理業務が一本化され、
従来の外国人登録制度を基本とした外国人管理制度が刷新されることになったからです。

つまり外国人が住民票の写しや住民基本台帳カードを取得する場合は本名が記載されており、
通名のみの住民票の写しや住民基本台帳カードは発行されません。
外国人在留者には「在留カード」が、
特別永住者には「特別永住者証明書」と書かれたカードが発行されることになり、
これらには通名は表記されません。

わかりやすく解説すれば、通名が廃止されるのではなく、
厳密に言えば通名が有名無実化されるということです。
つまり公的な手続きで通名が使用不可能になるということです。
例えば
① 転免許証
② 銀行口座
③ 資格証明書
④ 社会保障
⑤ 雇用保険
⑥ 企業年金
⑦ タクシー乗務員証明書
などといった手続き書類に通名が使用不可能になるということです。

これまでは在日に支配されていた自治体の裁量で
生活保護を出していましたがこれもまず出来なくなります。
このように安倍政権になってから日本再生大作戦が粛々と進められています。
誠に喜ばしいかぎりです。

しかし公的な手続きにおいて通名が禁止になりましたが、
通名が廃止されたわけでも無い以上、
「なりすましに日本人」に支配されている朝日新聞・毎日新聞やNHKおよび民放の各テレビ局は
犯罪者を通名(日本名)のみで報道して行くのではないかと心配しています。



◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。