記事一覧

韓国はなぜ国民に洗脳教育をしているの?

20131013_224271.jpg

さて、今日は韓国の洗脳教育のことを学んでみよう。
日本のことを「戦犯国」などと言うコリアンを見た人は、多いのでは無いだろうか?
不思議だ。そもそも、日本と韓国は戦争をしたことが無いと言うのに
(※まさか秀吉の時代にまで遡る人はいないと思うが)。
旧連合軍とは一切無関係な韓国人が「戦犯国」と呼んで日本を嘲笑している。奇妙な光景だ。
さて、今日は、彼らの背景を学んでみることにしよう。なぜ彼らは嘘の歴史を学んでいるのだろうか?
これはひとえに、教育が問題だ。

韓国人でこう教わった者は多いのでは無いだろうか?
「日帝が韓国を強制併合して収奪と民族抹殺を始めると、独立軍が各地で蜂起し、日本軍と果敢に戦った。
太平洋戦争が始まると、臨時政府は日帝に宣戦布告し、連合国の一員になった。
韓国の独立はこのようにして自力で勝ち取ったものだ。
韓国人BC項戦犯については、あくまで強制動員され、犯罪を強要された“被害者”にすぎない」
まず先に言っておくが、これらのことは『真っ赤な大嘘』だ。
世界のどの歴史書を見ても、韓国の歴史書と同じことが書かれてあるものは一つも無い。

韓国には、隠されている四つの大きな真実がある。

・第一、日韓併合の真実。

・第二、日本統治時代の真実。

・第三、戦後の独立と李承晩時代の真実。

・第四、朴正煕時代の「漢江の奇跡」の真実。


ではなぜ、彼らが「歴史を書き換えたのか、
又はなぜ捏造せざるをえなかったのか」と言う原因・理由・動機を考えてみよう。
元凶は李承晩(イ・スンマン)だ。理由は複合的だが、紐解いて行こう。

第一に、東アジア文化圏の特徴として、彼らの社会では日帝という「前王朝」を冷酷無比な統治者に描けば描くほど、
次の支配者の道徳的正当性が高まると言うことだ。

第二に、保身の問題だ。戦犯の日本と同類に見られないよう、
徹底して「加害者と被害者の関係」に成りすます必要性があった。

第三に、李承晩はとんでもない悪政をやらかして国民を苦しめ、貧困のどん底へと叩き落した。
だから李承晩は、歴史をでっち上げ続ける必要に迫られた。
それはまた内部矛盾から人々の目を反らす意味でも有効な手法だった。
だから、韓国の歴史教育では、ほとんど悪魔として日本の姿が描写されている。

また、「青山里戦闘」や「光復軍」などもそうだが、韓国の捏造はとても手が込んでいる。
「実在の人物名を流用して、具体的な数字を創作し、記録をでっち上げる」ためだ。

なお、韓国人が“戦勝国民”だの“連合国民”だのと自称することは単純に事実に反する。

李承晩のやった悪事には「李承晩ライン」「保導連盟事件」「済州島事件」などがある。
詳しくはググって欲しい。
李承晩は自分の悪政から目をそらし続ける為に、
思想言論の統制・密告制度・秘密警察などの恐怖政治で取り締まった。
そして、日本時代を体験で知る世代から言葉を奪い、世代間の分断をはかり、
子供たちにはメディアと公教育を使って「偽の記憶」を植え付けていった。

・なぜ嘘の国史が継承されていったのか?

次に権力を握ったのは朴正煕だった。
朴正煕時代に、韓国は日本から大量の資金援助と技術提供を受け、
「漢江の奇跡」と称される高度経済成長を実現した。
だが、朴正煕大統領もまた、日本を絶対悪とするプロパガンダを修正することはなかった。
必然的に内部の軋轢を生む軍事独裁政治にとって、
人々の憎しみや不満の矛先を反らせる対象が不可欠だったからだ。
それどころか、「わが民族は昔から偉大だった」式のプライドの醸成をはかった。

そうして、韓国の子供たちは、「先祖が日本人に○○を教えてあげた」とか
「昔は日本よりも進んでいた」と教えられるのだ。
そんな事実は一切無いにも関わらず。

その後に大統領になった全斗煥・盧泰愚も、朴と同じ陸士系列であり、
反日教育を引き継いでいった。
理由はやはり上と同じようなものだろう。

1988年、韓国はようやく民主体制に移行した。
しかし、40年にわたる対内プロパガンダによって「偽の記憶」が完全に既成事実化しており、
もはや手遅れになっていた。

このような洗脳教育を65年間受け続けていた韓国では、
「教師も洗脳されている」ため、言う方も嘘をついているとは思っていない。
もはや宗教の域だ。

仮にも日韓友好を唱えると言うのなら、
この大本(子供たちへの反日洗脳教育)を倒されねばならない。
長年洗脳教育を受け続けていた韓国人の洗脳が解かれなければ、
日韓の関係が悪化するのは免れないだろう。





カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。