記事一覧

韓国の歪んだ歴史教育と反日洗脳教育

日本による「植民地支配」によって、朝鮮人は虐げられた、と韓国では子供たちに教えている。
だから、日本と日本人を憎むように・・・

しかし、欧米列強によるアジアの植民地支配では、アジア人は犬畜生同然の扱いだったが、
朝鮮人は、日本人にちゃんと「人」として扱われていた。
日本人名に改名させられたのが韓国人の高いプライドを傷つけたようだが、
日本人への同化政策であり、貧困のどん底にあった李氏朝鮮時代よりも生活水準はよくなったといわれている。

実際、軍隊では、日本軍人として平等に登用されていた。
なかには、将校や将軍にまでなるものもいた。つまり、植民地支配というようなものではなく、
極めて対等な合併に近いものだったという。

そして、李氏朝鮮により近代化の送れた朝鮮半島に、道路や鉄道のインフラ整備を行い、
多くの学校を建てたのは大日本帝国であった。

そういう事実をまったく教えないで、歴史を歪曲して、
「敵国」として日本を憎むように教育されている韓国の子供たち。

韓国を愛した伊藤博文を暗殺した朝鮮人を英雄視し、
伊藤博文を悪人の極みのように教える学校の歴史教育。
何と罪深い民族なんだろう。

こういう教育に誘導しているのはいったい誰なのか?韓国の歴史教育を変えなければ、
日韓関係は永遠に上手くいかないだろうし、誤った歴史認識のまま歴史を歩む韓国はいずれ滅びるだろう。

しかし、韓国にも、きちんとした歴史認識を持った学者がいた。
崔基鎬(チェケイホ)氏です。

親日とか反日とかではなく、日韓の歴史を客観的に論じられるまともな学者です。
こういう学者が韓国で力を持っていれば、
いまのように政治的に歪められた歴史教育は行われてこなかったでしょう。

日本は、韓国に感謝こそ受けて当然ですが、恨まれる筋合いはまったくありません。

かといって、韓国人に、感謝しろとか、出したお金を返せとか、
そういうことは日本人は誰も思いません。
(基本、日本人はいい人ですね。)

韓国国民全体が、政治的意図をもった何らかの悪の組織(北朝鮮関連組織??)の
誘導のままに洗脳(マインドコントロール)されて、
歴史教育、愛国教育が間違った方向に進んでしまったのではないでしょうか。

サブタイトルは、「韓民族を救った日帝の36年」となっています。
是非、基地外大統領のイ・ミョンバクに読ませたい本です。

39631435.jpg


日韓併合とはなんだったのか。韓国史家が祖国のためにあえて糾弾。
事実を無視する国に、将来はない。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 李完用と伊藤博文
/1章 なぜ、歴史の真実に目を向けないのか
/2章 併合時代の歴史的真実
/3章 李朝時代へ退行する北朝鮮・韓国
/4章 併合で生き返った朝鮮経済
/5章 「日韓併合」とは何だったのか
/終章 韓国に新たな国難が迫り来る

【著者情報】(「BOOK」データベースより)崔基鎬(チェケイホ)1923年生まれ。
明知大学助教授、中央大学、東国大学経営大学院教授を経て、加耶大学客員教授。
民間レベルでの日韓関係改善に努め、サハリン在住韓国人の本国往来問題、
原爆被爆者の治療援助、在日韓国人の法的地位向上のために尽力
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)











まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

物見高い人々

見て見ぬふりの人々

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

愛国専務理事

Author:愛国専務理事
バカでもチョンでも出来るから、すぐにチョンボしてパクリます。